愛の流刑地

愛の流刑地(2006/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 鶴橋康夫
製作: 富山省吾
プロデューサー: 市川南/大浦俊将/秦祐子
協力プロデューサー: 倉田貴也
企画: 見城徹
原作: 渡辺淳一『愛の流刑地』(幻冬舎刊)
脚本: 鶴橋康夫
撮影: 村瀬清/鈴木富夫
美術: 部谷京子
編集: 山田宏司
音楽: 仲西匡/長谷部徹/福島祐子
主題歌: 平井堅『哀歌(エレジー)』
照明: 藤原武夫
製作統括: 島谷能成/三浦姫/西垣慎一郎/石原正康/島本雄二/二宮清隆
録音: 甲斐匡
助監督: 酒井直人
プロダクション統括: 金澤清美
出演: 豊川悦司/寺島しのぶ/長谷川京子/仲村トオル/佐藤浩市/陣内孝則/浅田美代子/佐々木蔵之介/貫地谷しほり/松重豊/本田博太郎/余貴美子/富司純子/津川雅彦

渡辺淳一原作といえば、不倫に始まる愛欲の世界。今回本作をTVで観たのだが、上映前のコメンテーター・軽部真一が語る、主演の二人が服を着ていたシーンの方が逆に緊張したという程絡みシーンが多いとの紹介からも、ねっとりとした官能的世界を否めなかった。主人公・村尾菊治(豊川悦司)は情事の相手女性・入江冬香(寺島しのぶ)を殺害してしまってから、さあどうなるというお話である。それも情事の最中、その果てに絞殺するのである。冬香は真っ裸の状態で脇田(佐藤浩市)等警察に現場検証される。これだけで充分すぎるインパクトで、凄いイメージが先行する。しかし、絡みのシーンは確かに多いものの、冬香に言われるがまま、殺害してしまった村尾の行為に至った経緯、二人の世界に浸ることの幸せ。「私をめちゃくちゃにして下さい」、愛する者の手の中で死んでしまいたいという感情の強さを辿っていく、肉体よりはメンタル部分に重きを感じた。エロさを強調させなかったのは主演俳優二人の地味さにあるのも一つだろう。他出演者では、冬香らの愛欲世界に感化刺激を受け、同僚の稲葉(佐々木蔵之介)にサドっぽく突っかかる、村尾を取り調べる検察・織部美雪を演じた長谷川京子の演技(大根ではあるが)。第三者的には振舞いながらも、冬香の変身振りに気付いていく、村尾に冬香を紹介した冬香の友人・魚住祥子を演じた浅田美代子の演技(こちらも大根ではあるが)が主人公二人の情念の深さを読み取らせる。彼女達の嫉妬ではないにしても深い愛の世界に憧れる気持ちが、裁判に晒される被告・村尾の周りをとりまいている。そして、殺されることが冬香の願いだったのかというところにフォーカスされていく。愛する人に殺される幸せを望んでいたことを証言するリーサル・ウェポンは冬香の母親である。興味本位の眼差しの中、娘の真意に応えようとする母である。母親を演じるのが富司純子、寺島しのぶの実の母親である。強引かもしれないが、官能表現に興味本位の話題が集中する本作の主演を務める寺島しのぶの母としての姿に重なる気がするのである。そして、冬香ら女性が好んで愛読する村尾の小説は、やはり大人の愛欲世界を描くものだろう。ただし、奥山篤信「超★映画評-愛と暴力の行方」での本作についての項で、渡辺淳一が日経新聞に連載すると経済が上向く。つまりサラリーマンのセックスファンタジーであるらしく、男性、女性という括りは出来ないのかもしれない。ただ、そんなことはさておき、主人公の小説家・村尾は渡辺淳一本人に重なるところがあり、原作者自身が実際の世界で思い描く夢なのだろうと考えるのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック