少林少女

少林少女(2008/日本)
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: 本広克行
アクション監督: 野口彰宏
製作: 亀山千広
プロデューサー: 臼井裕詞/安藤親広/西冬彦/中島良明
エグゼクティブプロデューサー: チャウ・シンチー
アソシエイトプロデューサー: 小出真佐樹
ラインプロデューサー: 村上公一/坂本忠久
脚本: 十川誠志/十川梨香
監督補: 波多野貴文/藤本周
撮影: 佐光朗
美術: 相馬直樹
編集: 田口拓也
音楽: 菅野祐悟
主題歌: mihimaru GT『ギリギリ HERO』
視覚効果監督: 石井教雄
照明: 加瀬弘行
装飾: 田中宏
録音: 加来昭彦
出演: 柴咲コウ/仲村トオル/キティ・チャン/ティン・カイマン/ラム・ジーチョン/岡村隆史☆江口洋介/山崎真実/工藤あさぎ/原田佳奈/乙黒えり/蒲生麻由/いとう麻見/千野裕子/千代谷美穂/西秋愛菜/沢井美優/柳沢なな/石井明日香/尾家輝美/桂亜沙美/渡辺奈緒子/花形綾沙/満島ひかり/麿赤兒/竹下宏太郎/横山一敏/神尾佑/蓉崇/峯村リエ/志賀廣太郎/眞野裕子/瀬戸カトリーヌ/林和義/原金太郎/川岡大次郎/永野宗典/与座嘉秋/ムロツヨシ/永井秀樹/入江純/樋渡景子/吉永秀平/清水友範/肥野竜也/川田希/瓜生和成/石原竜也/佐久間淳也/内田慈/赤司竜彦/笠井信輔/渡辺和洋/富野由悠季/トータス松本/石井正則/甲本雅裕

『踊る大捜査線 THE MOVIE』『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』『交渉人 真下正義』『サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS』『サマータイムマシン・ブルース』『UDON』の本広克行監督。しかし、監督らしさは出しかねた映画と言える。『カンフーハッスル』の監督C.シンチーがプロデューサーのまとめ役として名を連ねているが、本映画はまさしく、『少林サッカー』のラクロス版を日本で製作したと言う感じのもの。C.シンチー映画の顔とも言えるティン・カイマンやL.ジーチョン、K.チャンが出演していることにより、日本映画ながら、中国っぽくて庶民チックなC.シンチー色がプンプン。ただならぬ気を持ち、中国の小林拳武術学校で三千日の修行を追え、祖父の少林拳錬功道場を継ぐべく日本に戻ってきた桜沢凛(柴咲コウ)だったが、強い者を求め戦いに興じる大場(仲村トオル)の戦いに引き込もうとする魔の手が迫ってくる。潰れてしまった道場を再興したい凛。しかし、かつての凛の師匠・岩井拳児(江口洋介)も道場を離れ、中華料理屋を営んでおり協力もないため、凛は途方に暮れる。岩井は大場の陰謀から凛を守るため、小林拳から離れたという設定なのだ。そんな凛が、道場門下生になってもらうことと引き換えに大学の女子ラクロス部に入部する。その橋渡しをするのが、同部員の珉珉。太極拳をやっていたというキャラクターをK.チャンが演じる。個人技の少林拳は出来てもチームワークの必用なラクロスではマイナス要因でしかない凛が、チームワークと力の調整を身につけるを描く。ようやくチームの中で機能し始めた頃に大場との宿命の対決に挑む展開には少し疑問が生じる。たとえ、道場が焼かれ、中華料理屋が焼かれ、珉珉が人質になってもである。それまで岩井が説いてきたこと、凛が臨んできたことに反するからだ。と思うのだが、起こってしまった戦いについても一言言うと、柴咲コウはカンフー・アクションよく頑張った。よく練習したんだと思う。だが、『カンフーハッスル』の主人公シンと敵ボス・火雲邪神の迫力、貫禄には及ばない。主人公の人智を超えたような力に悪ボスが圧倒、感服するという展開は同じと言っていいほど似ているのだが・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック