ファンタスティック・フォー:銀河の危機

画像ファンタスティック・フォー:銀河の危機(2007/アメリカ)
FANTASTIC FOUR: RISE OF THE SILVER SURFER
評価(お奨め度)★★★★
監督: ティム・ストーリー
製作: アヴィ・アラッド/ベルント・アイヒンガー/ラルフ・ウィンター
製作総指揮: マイケル・バーナサン/クリス・コロンバス/ケヴィン・フェイグ/スタン・リー/マーク・ラドクリフ
キャラクター創造: スタン・リー/ジャック・カービー
原案: ジョン・ターマン/マーク・フロスト
脚本: マーク・フロスト/ドン・ペイン
撮影: ラリー・ブランフォード
プロダクションデザイン: カーク・M・ペトルッチェリ
衣装デザイン: メアリー・E・ヴォクト
編集: ピーター・S・エリオット/ウィリアム・ホイ/マイケル・マカスカー
音楽: ジョン・オットマン
出演: ヨアン・グリフィズ/ジェシカ・アルバ/クリス・エヴァンス/マイケル・チクリス/ダグ・ジョーンズ/ジュリアン・マクマホン/ケリー・ワシントン/アンドレ・ブラウアー/ザック・グルニエ/ケネス・ウェルシュ/スタン・リー
声の出演: ローレンス・フィッシュバーン

宇宙放射線を浴びて特殊能力を身に付けた4人のヒーローを描いたSFもの。監督は、前作『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』と同じく、『TAXI NY』のT.ストーリー。Mr.ファンタスティクことリード・リチャーズ(I.グリフィズ)、インビジブル・ウーマンことスーザン・ストーム(J.アルバ)、ヒューマン・トーチ火の玉ボーイことジョニー・ストーム(C.エヴァンス)、岩石男ことベン・グリム(M.チクリス)に襲いかかる危機、地球の危機とは、駿河湾やエジプトを一瞬で凍りつかした宇宙よりの飛来者シルバーサーファー(L.フィッシュバーン)では終わらない。シルバーサーファーが現れた惑星は8日間で滅亡してしまうのだが、その8日後にやってくるのがギャラクタス。己の生命維持のため吸収出来るエネルギーを持つ惑星探索にシルバーサーファーを手先として送る超宇宙生命体がギャラクタスなのだ。どうやってこんな化け物に対しようというのか。ファンタスティック・フォー4人の力は、倒壊中の大観覧車ロンドン・アイをどうにかこうにか事故から守ったのが精いっぱい。4人の得意技を集中しようとも地球を取り込むエネルギーに対抗し得るとは思えなかった。そんな彼らを救うのが、コスミックパワーを吸収、エネルギーに変えることの出来るサーフボードに乗るシルバーサーファーの裏切りだった。地球のために戦う4人の心に触れ、地球に襲いかかるギャラクタスに飛び込んでいくのだった。ギャラクタスがいざやって来たところからの地球の危機感、絶望的パニック感が殆ど描かれることなく終わってしまったことが残念である。ファンタスティック4の抵抗も空しく無力であることが描かれなかったのが残念で仕方がない。宿敵Dr.ドゥーム(J.マクマホン)が復活して登場し、その悪巧みによりシルバーサーファーのサーフボードを盗んだりしたことで、4人の敵としての重きがドゥームに移って行った気がする。シルバーサーファーというキャラクターの存在感は充分大きいのだから、彼を中心にギャラクタスとも絡んで欲しかった。ただ、ジョニーとシルバーサーファーのフライトチェイスシーンはカッコイイ。これぞ、アメコミ映画化の醍醐味。ボードに乗って飛んでいく姿は、『スパイダーマン』のグリーン・ゴブリンの様、いやゴブリンのボーディングがオリンピック競技で言うところの滑降なら、本作のフライトはスピードスキーだ。
4人が守ったロンドン・アイ。乗客の乗るカプセルはガラス張りで良く見える。イギリスに行ってあれに乗ったことが昨日のように想い出された。今後行ったなら、数式で形成場所を特定したテムズ川のクレーターがあるように見えるかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック