デトロイト・メタル・シティ

デトロイト・メタル・シティ(2008/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 李闘士男
製作: 島谷能成/堀義貴/永井英男/北川直樹/島本雄二/板橋徹/山崎浩一/細野義朗/石井博之/喜多埜裕明/宮路敬久/大宮敏靖
プロデューサー: 樋口優香
エグゼクティブプロデューサー: 市川南/塚田泰浩/山内章弘
企画: 川村元気
原作: 若杉公徳(白泉社『ヤングアニマル』連載)
脚本: 大森美香
美術: 安宅紀史
撮影監督: 中山光一
衣裳: 高橋さやか
編集: 田口拓也
音楽: 服部隆之
音楽プロデューサー: 北原京子
音響効果: 齋藤昌利
VFXスーパーバイザー: 小坂一順
スクリプター: 外川恵美子
ヘアメイク: 百瀬広美
照明: 武藤要一
装飾: 高木理己
録音: 郡弘道
助監督: 兼重淳
出演: 松山ケンイチ/加藤ローサ/秋山竜次/細田よしひこ/大倉孝二/岡田義徳/高橋一生/美波/大地洋輔/大谷ノブ彦/濱田万葉/たくませいこ/米原幸佑/山根和馬/唐沢美帆/小林きな子/藤本道/フジヤマ/東真彌/真/ノゾエ征爾/駿河太郎/マーティ・フリードマン/鮎貝健/ジェレミー・コルソン/鈴木一真/カジヒデキ/K ダブ シャイン/DJオアシス/柊瑠美/菅原大吉/加藤諒/池澤あやか/吉田尚記/ウォード・セクストン/宮崎美子/松雪泰子/ジーン・シモンズ

2008年日本アカデミー賞話題賞(作品)と同年日本映画プロフェッショナル大賞特別賞を松山ケンイチが受賞した作品。松山ケンイチといえば『DEATH NOTE デスノート 前編』『DEATH NOTE デスノート the Last name』でブレイクしノってる俳優であるが、まさしくブレイク中の俳優だからこそ出来る本作の演技だといえる。主人公・根岸崇一のなよぶりに、よくやるといったところだし、デトロイト・メタル・シティ(DMC)ギターボーカリスト・クラウザー2世のなりきった迫力の演技は見事。人気漫画が原作である。極端な描写で魅力的なキャラクターであっても実写となるとこっ恥ずかしくて見れないことがよくある。強烈な漫画キャラを演じきるには演技力が必要だ。その点、彼のヘビーメタルの曲も雄叫びもかっこ良かった。どっちでもいいけど松山ケンイチ本人が歌っているのだろうか?。一方、ヒロインは大学時代の友人・相川由利(加藤ローサ)。サークルで一緒だった彼女は今でも、実のところおしゃれなポップミュージシャンに憧れ続ける根岸と共感できる女性なのだ。そんな相川はDMCの音楽は全否定していた。だが、根岸がクラウザーだと気付き、ラストのDMCコンサートでグーもんで応援するのだ。あれだけ毛嫌いしていたヘビメタの受け入れ方の描き方足らずが残念。まあそこは、それだけ根岸が好きだったってことで納得しようと思うが・・。金玉ガールズって凄いバンド名だ。ネーミングに喜んでしまった。金玉ガールズやラッパーのMC鬼刃(大地洋輔)との批判パフォーマンス合戦はもうちょっと見たかったし、激しい演奏シーンはもっと時間かけて良かった。デスレコード社長(松雪泰子)の多発されるセリフではないが、「そんなんじゃ濡れねぇ~」である。でも、ラストのコンサートではG.シモンズがアメリカからDMC潰しにやってくる超大物メタルキング役で登場。この映画の題名はKISSの「デトロイト・ロック・シティ」が基だというが、そのKISSのギタリストである。そしてKISSと言えばやはりお化粧ロック。それこそが、DMCのパフォーマンスであり、正体を隠すことの出来る本作、変身ものストーリーの核となる設定だ。人格ギャップは他キャラクターにもあった。デスメタル・ファッションで口悪く応援に励む熱烈なDMCファン(大倉孝二ら)のグループだが、彼らの正体はその姿を隠しての子供向けヒーロー・ショーで働くお兄さんなのだ。こういうところも面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック