わが命つきるとも

わが命つきるとも(1966/イギリス)
A MAN FOR ALL SEASONS
評価(お奨め度)★★★★
監督: フレッド・ジンネマン
製作総指揮: ウィリアム・N・グラフ
製作: フレッド・ジンネマン/ロバート・ボルト
原作戯曲: ロバート・ボルト
脚本: ロバート・ボルト
撮影: テッド・ムーア
美術: テレンス・マーシュ
音楽: ジョルジュ・ドルリュー
出演: ポール・スコフィールド/スザンナ・ヨーク/ロバート・ショウ/オーソン・ウェルズ/レオ・マッカーン/ウェンディ・ヒラー/ナイジェル・ダヴェンポート/ジョン・ハート/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/コリン・ブレイクリー/コリン・レッドグレーヴ

1966年アカデミー賞作品賞、主演男優賞(P.スコフィールド)、監督賞、脚色賞(R.ボルト)、撮影賞(カラー)(T.ムーア)、衣装デザイン賞(カラー)、同年NY批評家協会賞作品賞、男優賞(P.スコフィールド)、監督賞、脚本賞、同年ゴールデン・グローブ同賞、及び1967年英国アカデミー賞作品賞(総合)、作品賞、男優賞(P.スコフィールド)、脚本賞、撮影賞。美術賞、衣装デザイン賞と多くの賞を獲得した本作は、『真昼の決闘』『地上(ここ)より永遠に』『オクラホマ!』『ジャッカルの日』のF.ジンネマン監督による名作といわれる映画。これまで観た出来のいいF.ジンネマン監督作品から期待した映画だった。主人公であるトーマス・モア(P.スコフィールド)は「ユートピア」を執筆者で、博識有能な人物である。トーマスはヘンリー8世(R.ショウ)が離婚問題からローマ教皇クレメンス7世と反目すると、大法官を辞任。ヘンリー8世の新しい相手はあのアン・ブーリン(V.レッドグルーヴ)である。ヘンリー8世の側近トマス・クロムウェル(L.マッカーン)が主導した国王を英国教会のトップにするとのやり方にカトリックの教えから反対したことによりロンドン塔に幽閉、処刑されるまでを描いたものである。権力に屈せず、正義を貫き犠牲になるも潔しとする行動は立派であり、P.スコフィールドがそんな人格者を厳格に演じきった。一方、世間が評するモアに対して承認を得ようとの擦り寄りから、いくら言っても婚姻の正当性を認めない事に業を煮やし怒るに至るまでの激しい心の変化を、人間味溢れるヘンリー8世としてR.ショウが演じて見せている。そんな国王に斬首に至るも抵抗し続けたトーマス・モアが後にカトリック教会の殉教者として列聖され、政治家や弁護士の守護聖人となっているもごもっともな話。だが、妻アリス(W.ヒラー)、娘マーガレット(S.ヨーク)や友人達の、影響を受けての不遇な人生を考えると彼の行いにも若干の疑問を感じずにはいられない。自分一人の人生ではないのだ。ところで、本作ではリッチという男が登場する。元、トーマス家に仕えていた野心家のリッチが役人であるクロムウェルに共謀し、モアを陥れながら出世していく。実在の人物かどうかは知らないが、かつてコネ等を期待していたのにポストを与えなかったために離れていったリッチに、裁判で偽証されることになるという無念の関係が上手い設定であると思った。誓いを破る、魂を売り渡す行動が高潔なるトーマス・モアを浮き立たすことに成功している。トーマス・モアが登場するのか知らないが、ナタリー・ポートマンがアン・ブーリンを演じた『ブーリン家の姉妹』という映画が最近あった。こちらも早く観なければと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック