ゴジラ FINAL WARS

ゴジラ FINAL WARS(2004/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 北村龍平
製作: 富山省吾
脚本: 三村渉/桐山勲
デザインワークス: 新川洋司(轟天号・地球防衛軍)/寺田克也(モンスターX)/韮沢靖(ガイガン・X星人)/西川伸司(怪獣)
撮影: 古谷巧
音楽: キース・エマーソン/森野宣彦/矢野大介
タイトルデザイン: カイル・クーパー
特殊技術: 浅田英一
プロデューサー: 山中和成
アソシエイト・プロデューサー: 鈴木律子
音楽プロデューサー: 北原京子
美術: 瀬下幸治
編集: 掛須秀一
衣装(デザイン): 新井正人/斎藤幸永
録音: 斉藤禎一
スクリプター: 飯塚美穂
スチール: 工藤勝彦
音響効果: 伊藤進一/柴崎憲治/西村祥一
ナレーション: 山寺宏一
出演: 松岡昌宏/菊川怜/宝田明/ケイン・コスギ/水野真紀/北村一輝/ドン・フライ/船木誠勝/水野久美/佐原健二/泉谷しげる/伊武雅刀/國村隼/四方堂亘/長澤まさみ/大塚ちひろ/須賀健太

『スカイハイ[劇場版]』『あずみ』の北村龍平監督。訓練されたエスパーが地球防衛軍の新人類ミュータント兵士として登場する。ミュータントの優等生、非情に徹しきれない優しさを持つ尾崎(松岡昌宏)と甘さを非難する風間(ケイン・コスギ) がライバルとして物語の一流を担う。彼ら訓練兵はほぼ洗脳に近く『ユニバーサル・ソルジャー』『ソルジャー』をイメージする。そして、訓練兵らの存在は怪獣バトルの印象を弱めてしまったように思う。実際にはゴジラは、X星人の解き放ったクモンガ、カマキラス、アンギラス、ラドン、キングシーサー、エビラら怪獣を次々に撃破する活躍を見せるのだが・・。尾崎と風間の戦いは『マトリックス』や『M:I-2』ばりの凄いアクションだった。そして吉田戦車が「戦車映画」で言っていた。怪獣相手に戦う戦艦にしびれたと。地球防衛軍の空飛ぶ戦艦はいくつか登場し、東宝映画において人気者の戦艦・轟天号もその一つ。流石、夢のハイテク戦艦であるだけに、ゴジラ映画といえども簡単にはやられたりはしない。艦長・ゴードン大佐も破天荒なやり手指揮官振りを発揮する。X星人の投下する怪獣達に対するにはゴジラの解放しかないと、ゴジラを蘇らせる。まさに毒を持って制するの作戦だ。このゴードン大佐は本作での一番のヒーローと言える役で、ドン・フライが演じ真面目にやっていて面白かった。また、X星人司令官(伊武雅刀)を射殺し成り代わった参謀(北村一輝)がいい味出していた。突如現れたゴジラに自分の繰り出した怪獣が次々にやられていくのに対するコメント、イライラが活けている。アメリカ版ゴジラも登場するがやられてしまって、「マグロを食ってる奴はやっぱりダメだ。」なんて『GODZILLA ゴジラ』に対する嫌味も炸裂。ゴジラあまりの強さにバタバタやられる怪獣に、「はい次。」とあっさりした切換の演技も、逆にモンモンとしたイライラが強調され上手い。アンギラス、シーザー、ラドン3怪獣に対したゴジラは、先ずアンギラスを踏み台にしてラドン、シーザーの攻撃をかわす。これは『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』の黒い三連星のジェットリームアタックをかわすアムロを意識したものと思い嬉しかったが、もしそうであるならもう少し似せてくれても良かったのにと少し残念。モスラが現れるのでインファント島の小美人も登場し、またまた長澤まさみが出演。そして前作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』では気にかけなかったのだが、もう一人の小美人を演じる大塚ちひろもかわいいのではないだろうか。もうちょっと大きくじっくり見てみたかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 水野真紀

    Excerpt: 音響効果: 伊藤進一/柴崎憲治/西村祥一ナレーション: 山寺宏一出演: 松岡昌宏/菊川怜/宝田明/ケイン・コスギ/水野真紀/北村一輝/ドン・フライ/船木誠勝/水野久美/佐原健二/泉谷しげる/伊武雅刀/.. Weblog: pm71 racked: 2009-12-09 10:02