憑神(つきがみ)

憑神(つきがみ)(2007/日本)
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: 降旗康男
プロデューサー: 妹尾啓太/鈴木俊明/長坂勉/平野隆
協力プロデューサー: 古川一博
企画: 坂上順/堀義貴/信国一朗
原作: 浅田次郎『憑神』(新潮社刊)
脚本: 降旗康男/小久保利己/土屋保文
美術: 松宮敏之
撮影監督: 木村大作
編集: 園井弘一
音楽: めいなCo.
主題歌: 米米CLUB『御利益』
照明: 杉本崇
録音: 松陰信彦
助監督: 宮村敏正
出演: 妻夫木聡/夏木マリ/佐々木蔵之介/鈴木砂羽/森迫永依/笛木優子/佐藤隆太/赤井英和/上田耕一/鈴木ヒロミツ/本田大輔/徳井優/大石吾朗/石橋蓮司/香川照之/西田敏行/江口洋介

原作は『天国までの百マイル』『パイラン』『壬生義士伝』『椿山課長の七日間』『地下鉄(メトロ)に乗って』『オリヲン座からの招待状』の浅田次郎。監督は浅田次郎原作『鉄道員(ぽっぽや)』の降旗康男。降旗康男監督と言えば、ちょっと調べてみると『冬の華』『駅 STATION』『居酒屋兆治』『夜叉』『別れぬ理由』『あ・うん』『タスマニア物語』『寒椿』『ホタル』『赤い月』『単騎、千里を走る。』と凄い作品群である。こうしてみると高倉健出演作がかなり多い。それは置いておいて・・本題に戻る。浅田ワールドは風変わりだ。今回も歴史ファンタジーといったところだ。幕臣で幕府軍として闘いながら降伏後、その才能ゆえに新政府にも登用され海軍中将や内閣大臣として活躍した榎本武揚(本田大輔)が登場する。映画の舞台となる時はまさに戊辰戦争が始ろうとする時。その時既に榎本武揚は頭角を現し、本作でも、彼の力量を評価する勝海舟(江口洋介)と現れる。元々武揚の家柄はそれ程ではなく、彼の父親が幕臣・榎本家の株を買って得た氏である。蕎麦屋の甚平(香川照之)が言うには、武揚の軍艦頭取までになった出世は三囲稲荷参拝によるものらしい。主人公・別所彦四郎(妻夫木聡)にも参拝を勧めるのだが、彦四郎は間違って三巡稲荷に手を合わせてしまう。それから彦四郎の下にやってくるのは、一見福の神かと思ってしまう伊勢屋の格好をした貧乏神(西田敏行)、相撲取り・九頭龍(赤井英和)の姿で現れる疫病神、そして最後はお通夜という名の死神(森迫永依)である。彦四郎及び別所家に金運から見放されていく。だが、不幸は別の人に移すことが出来る。なかなか面白い発想だ。彦四郎はまず貧乏厄災を元妻の井上八重と陰謀により別れさせられた彼女の父(石橋蓮司)に擦り付ける。しかし、井上家の不幸は八重や子供達の不幸で、笛木優子演じる八重が優しくいい人だったのでちょっと可哀想だった。次に降りかかる厄病は兄の左兵衛(佐々木蔵之介)に振る。別所家は代々受け継いできた将軍の影武者を務める家柄。だらしなく食いつぶす左兵衛に代わり仕事を全うしようとする。たとえ死神がやってきて自らの死期が迫っていても。そして時はとうとう倒幕戦争となり、彦四郎は影武者として戦地に向かう。それは、死神に定められた道ではなく、自分の意志によるものだった。言いたいことはなんとなく分かるが、彦四郎が最後に賭けるものが徳川慶喜の影武者なんかよりももっと尊い死に方があるだろうと思う。そこが残念である。
ありがたくない神がコミカルな形で現れるのが本作の醍醐味と言っていい。辛いことを悪意なく強いるそんなキャラクターを西田敏行はやっぱり上手く演じている。そんな演技が同じように要求される疫病神と死神。赤井英和と森迫永依にはちょっと難しいかったかなと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック