オーシャンと十一人の仲間

オーシャンと十一人の仲間(1960/アメリカ)
OCEAN'S ELEVEN
評価(お奨め度)★★★★★
監督: ルイス・マイルストン
製作: ルイス・マイルストン
原作: ジョージ・クレイトン・ジョンソン
脚本: チャールズ・レデラー/ハリー・ブラウン
撮影: ウィリアム・H・ダニエルズ
音楽: ネルソン・リドル
タイトルデザイン: ソウル・バス
出演: フランク・シナトラ/ディーン・マーティン/ピーター・ローフォード/アンジー・ディキンソン/サミー・デイヴィス・Jr/リチャード・コンテ/リチャード・ベネディクト/シャーリー・マクレーン/パトリス・ワイモア/ジョーイ・ビショップ/ノーマン・フェル/エイキム・タミロフ/ヘンリー・シルヴァ/イルカ・チェイス/バディ・レスター/ジーン・ウィルス

家に帰ってTVをつけてみるとBS-TBSでやっていた。ちょうどカジノから大金を盗むところだったが最初から観たくなり、所蔵DVDを引っ張り出し早速鑑賞。だが、流石に最後までとはいかずに2日に分けて鑑賞。『西部戦線異状なし』『戦艦バウンティ』のL.マイルストン監督による本作は、『オーシャンズ11』のオリジナルである。元空挺部隊員オーシャン(F.シナトラ)の仲間はかつての戦友10人とラスベガスの大仕事企画者エースボス(A.タミロフ)の11人である。彼らの企みは大晦日の午前0時、サハラ、リビエラ、デザート・イン、サンズ、フラミンゴの5つのカジノを同時襲撃しようというもの。オーシャンズ11、仲間同士が裏切りや不信で崩れることなく(?フォスター(P.ローフォード)の母親の新しい夫サントス(C.ロメロ)に疑われ若干信頼が揺るぎそうになったものの))強盗はやり遂げられる。その仲間関係が命を懸けた戦場を共にした戦友という間柄であるのには説得力がある。ハーモン(D.マーティン)、ステファンズ(R.ベネディクト)、バーグドーフ(R.コンテ)、ジョシュ・ハワード(S.デイヴィスJr) 、フォスター等はそれぞれがエキスパートだ。電気技術師バーグドーフが停電後切り替えた自家発電により金庫が開かれるように仕掛けする。音楽家志望のハーモンはピアノ弾きとしてカジノに潜り込む。ジョシュのゴミ運搬車ドライバーという現職業を生かし、ゴミと共に大金を非常線外に持ち出すことを成功させるのだが、単に怪しまれないというだけでなく、元プロ野球選手という設定が生かしてマニアには顔がわれていたことが窮地を救うような展開には出来なかったのだろうか?大物俳優を使っていることがそう思わせるのだろうか、“シナトラ一家”である彼ら以外のキャラクターの印象は薄い。オーシャンズ11と言うよりオーシャンズ5ないし6といった感じ。11に上手く役割分担させきれているとは言えない。電気系統を停電、繫ぎ換で金庫のロックを解くことと、あらかじめ印した蛍光塗料の案内で闇の中達成されるというシンプルな計画も、11を上手く配置する程のことではなかった。だから同時に5つのカジノを襲うことにしたのだろう。最近において映画を作ったなら、そのセキュリティシステムの高度化、複雑化のためコンピューターの専門家など窃盗の役割も細分化することになる。S.ソダーバーグ監督の『オーシャンズ11』では手口が複雑化していた。11のメンバーの内フォスターには大事な役割があった。オーシャンズ11の勝利と簡単には終わらせられない。カジノ襲撃がオーシャンズ11によるとサントスに気付かれる橋渡し的な役だ。サントスに気付かれたオーシャン達は苦し紛れに、大金をバーグドーフの棺に隠し運ぼうとするが、棺は当地で火葬されることになり、大金は戦友と共に灰となる。金を奪還するためとはいえ、怪しまれる危険を顧みず葬儀に参列する11人。結果的に戦友の死を大金と共に見送った彼らに好感を覚える。一方、棺に隠されていることを知ったサントスが、実は火葬前に大金を棺から取り出しているのではと深読みするのも一興である。ともあれなんといっても、カジノの金庫からとてつもない大金を強奪するスリルは最高。洒落っ気ある会話で淡々と犯罪に挑んでいく、「女を愛せない、愛しているのは手に汗握る危険だけ」と言われるオーシャン率いるチームプレイを娯楽的に楽しむ映画。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック