ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 手塚昌明
製作: 富山省吾
脚本: 柏原寛司/三村渉
キャラクターデザイン: 西川伸司
撮影: 岸本正広
視覚効果: 小川利弘
美術: 瀬下幸治
造型: 若狭新一
編集: 普嶋信一
キャスティング: 田中忠雄
音楽: 大島ミチル
アクション: 喜多川務(ゴジラ)/渡辺実(メガギラス)
ビジュアルエフェクトスーパーバイザー: 岸本義幸/大屋哲男/小野寺浩
音響効果: 佐々木英世
照明: 斉藤薫
制作担当者: 金澤清美
操演: 鳴海聡
特効: 渡辺忠昭
特殊技術: 鈴木健二
特殊技術・撮影: 江口憲一
特殊技術・助監督: 菊地雄一
特殊技術・照明: 川辺隆之
特美: 高橋勳
録音: 斉藤禎一
助監督: 宮村敏正
ナレーション: 屋良有作
出演: 田中美里/谷原章介/勝村政信/池内万作/山口馬木也/山下徹大/永島敏行/かとうかずこ/中村嘉葎雄/伊武雅刀/星由里子/黒部進/上田耕一/山本圭一(極楽とんぼ)/加藤浩次(極楽とんぼ)

平成ゴジラシリーズ第8作は『戦国自衛隊1549』の手塚昌明監督による。手塚昌明は他にも『ゴジラ×メカゴジラ』『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』も監督している。東京壊滅から国会議事堂も大阪に作られるという面白い設定に、再生可能な無敵を誇るゴジラに対してブラックホール砲によりこの世から消してしまおうというシリーズ上斬新な発想は楽しめる。これならゴジラに立ち向かえるかもと期待出来る武器だ。このディメンション・タイドを開発したのが吉沢博士(星由里子)と博士の教え子・工藤(谷原章介)。科学に長けながらも自由人である工藤のキャラクターがいい。ディメンションタイド凄い武器だが、外してしまうのでは元も子もない。開発に成功したディメンション・タイドだが、一方で試験は上手くいったものの時空の歪が生じることにより、大昔の巨大昆虫の卵が紛れ込む。古代昆虫の幼虫メガヌロンが人間を襲い、更に羽化して成虫メガニューラに、合体してメガギラスにと色々な形で襲ってくる。特に群れとなって襲いかかるメガニューラにはゴジラも相当嫌がっている。磁気を帯びているメガニューラはディメンションタイド制御を狂わす。Gグラスパー隊長・辻森桐子(田中美里)は自分の身代りとなって死んだ上官・宮川(永島敏行)を思い、ゴジラへの復讐に執念を燃やす。制御不能になり地球へ落下し始めたディメンションタイドに自らをロックオンさせゴジラまで誘導する。ゴジラは消えた。男勝りのヒロインがここに誕生。工藤と憎まれ口をききながらまんざらでない関係を築いていく。と、とはいえそんなヒロインが頑張ったもののゴジラがやられるわけがない。エンドロール後にかとうかずこ扮するお母ちゃんの息子(鈴木博之)が昆虫標本を片手に見た怪物は・・。
今は見れない極楽とんぼの山本圭一が相方の加藤浩次と共に水道局員?役で出ている。今は見ることのできない山本だけに懐かしく思わぬ収穫。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック