隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS(2008/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 樋口真嗣
製作: 富山省吾
プロデューサー: 山内章弘/甘木モリオ
エグゼクティブプロデューサー: 市川南/奥田誠治
脚色: 中島かずき
オリジナル脚本: 黒澤明/菊島隆三/小国英雄/橋本忍
撮影: 江原祥二
美術: 清水剛
編集: 上野聡一
音楽: 佐藤直紀
音楽プロデューサー: 北原京子
主題歌: The THREE『裏切り御免』
VFXプロデューサー: 大屋哲男
スクリプター: 石山久美子
殺陣: 久世浩
照明: 吉角荘介
製作統括: 島谷能成/小杉善信/亀井修/藤島ジュリーK./西垣慎一郎/宮崎哲彰/大月昇/島本雄二
装飾: 秋田谷宣博
第2班監督: 尾上克郎
録音: 中村淳
助監督: 清水俊文
ナレーション: 大塚明夫
監督補: 足立公良
出演: 松本潤/長澤まさみ/椎名桔平/宮川大輔/甲本雅裕/皆川猿時/小松和重/田鍋謙一郎/坂野友香/中村橋弥/橋本じゅん/粟根まこと/川口節子/古田新太/生瀬勝久/ピエール瀧/徳井優/黒瀬真奈美/KREVA/上川隆也/國村隼/高嶋政宏/阿部寛

黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』を『ローレライ』『日本沈没』の樋口真嗣監督によりリメイク。といってもオリジナルでは隠し砦は一つ。長倉和泉(國村隼)ら秋光の家来たちが守る砦は鷹山刑部(椎名桔平)ら山名の軍勢に攻められ陥落。だが、本作では山名の領土から早川に抜ける国境付近に要塞のような隠し砦がクライマックスに出てくる。黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』に影響されて製作したというジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』に本作は逆に影響されているようだ。山名の砦は『スター・ウォーズ』における帝国軍のデス・スターがイメージされる。また、鷹山刑部の黒兜にはじめ黒装束はダース・ベイイダーのイメージ。雪姫(長澤まさみ)を守る秋光の武将・真壁六郎太(阿部寛)ではなく、武蔵(松本潤)が主役。大きく違っている部分があることから確かにリメイクとはいっても森田芳光の『椿三十郎』がオリジナルに忠実にリメイクしているのとは一線を画す。エンディングで流れる主題歌はThe THREE♪裏切り御免♪。余韻を盛り上げシンクロしていた。時代劇をお洒落に閉めたという意味では『たそがれ清兵衛』の井上陽水♪決められたリズム♪のようなインパクト。この裏切り御免はオリジナルでも印象的なセリフだそうだが、本作でも2回使われる。それが武蔵がマドンナ・雪姫(長澤まさみ)と出会う場面と別れる場面である。秋月の姫と金堀師の武蔵では身分が違いすぎる。苦難を乗り越えようやく早川の城に辿り着き、共に暮らしたいと願う雪姫に、「裏切り御免」の言葉を残し城を去る武蔵。現実を見据えて別れるこのシーン。叶わぬ愛ゆえのロマンスである。まさに『ローマの休日』である。長澤まさみ故満足したところがあるが、やはり不満あり。真壁六郎太と敵の鷹山刑部の貫禄がもっと欲しかった。阿部寛も頑張って危険な馬駈けをやってのけていたのはすごい。とはいえ、オリジナルはまだ観ていないので勝手な想像はいけないかもしれないが、三船敏郎の真壁六郎太の貫禄は凄かったと思う。阿部寛はアクの強いというのではなくスマートな俳優ではあるが、描き込みにより濃いキャラには出来たはず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック