ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 摩砂雪/鶴巻和哉
総監督: 庵野秀明
演出: 原口浩
原作: 庵野秀明
脚本: 庵野秀明
撮影監督: 福士享
美術監督: 加藤浩/串田達也
編集: 奥田浩史
音楽: 鷺巣詩郎
CGI監督: 鬼塚大輔/小林浩康
キャラクターデザイン: 貞本義行
テーマソング: 宇多田ヒカル『Beautiful World』
メカニックデザイン: 山下いくと
メカニック作画監督: 本田雄
効果: 野口透
作画監督: 松原秀典/黄瀬和哉/奥田淳/もりやまゆうじ
色彩設定: 菊地和子
制作: スタジオカラー
総作画監督: 鈴木俊二
特技監督: 増尾昭一
新作画コンテ: 樋口真嗣/京田知己
声の出演: 緒方恵美/三石琴乃/山口由里子/林原めぐみ/立木文彦/清川元夢/結城比呂/長沢美樹/子安武人/麦人/関智一/岩永哲哉/岩男潤子/石田彰 渚カヲル

庵野秀明、摩砂雪、鶴巻和哉らが手がけてきたTVシリーズの「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』へと続く4部作の第1弾。TVシリーズを通してではないが、まあ一応観ていったものの理解できてないと言っていい。今回観る事で理解できるものと信じて観る。かつてセカンドインパクトにより人口の大半を失ってしまった人類。復興しつつあったが使徒というわけの分からない生命体に脅かされていた。圧倒的な力の差から太刀打ちできない国連は、碇ゲンドウ(立木文彦)率いる特務機関NERVに頼ることになる。NERVが開発していたのは汎用人型兵器エヴァンゲリオン。パイロットとエヴァンゲリオン(EVA)はコックピットをLCLという液体で満たすことで神経伝達で繋がりシンクロして操縦できるというもの。選ばれるべきパイロットは母親がいないとか、母性がEVAにあるとかどうとかが難しい設定部分だ。当然パイロットになる子供達に説明できるわけ無く、いきなり父親・碇ゲンドウに呼び寄せられEVA初号機のパイロットにされる碇シンジ(緒方恵美)はわけも分からず、危険な任務に就かされることにずっと葛藤する。シンジを逃げずにEVAに向かわせるのが、同じ14歳の綾波レイ(林原めぐみ)である。ボロボロに傷付いてヨロヨロの状態でもEVAに向かう姿に、グズグズ言いながらも男として立ち向かっていく。その葛藤描写がこのシリーズのテーマであると思っている。そんなシンジがグチを言える甘えられる存在がNERVの作戦課長・葛城ミサト(三石琴乃)。司令官ながらシンジの理解者として重要なキャラである。本作は惣流・アスカ・ラングレーはまだ登場しない。ビームで攻撃してくる正八面体の第6使徒に対し、日本中の電気をストップし、EVAによる攻撃に集中させてようやくやっつけたところで次作へ続くとなる。それにしても使徒とEVAの戦いはエグイ。この描写にどれほどの意味があるのか分からない。その他第4、第5使徒、そしてネルフ本部地下に安置されているリリス(第2使徒)が登場。それらの姿形に未だに持って理解に苦しむ存在だ。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』後及び続作を観ることで理解できると期待したい。ただ、劇場版には既に鶴巻和哉監督による『新世紀エヴァンゲリオン劇場版Air/まごころを、君に』『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』『新世紀エヴァンゲリオン劇場 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に』があり、これらとどう違えてくれているのか。ストーリーが破綻していると言われていたが、今回の劇場版シリーズは結実出来ているだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック