レッドクリフ Part Ⅰ

レッドクリフ Part Ⅰ(2008/アメリカ/中国/日本/台湾/韓国)
RED CLIFF: PART I
評価(お奨め度)★★★★
監督: ジョン・ウー
アクション監督: コリー・ユン
製作: テレンス・チャン/ジョン・ウー
製作総指揮: ハン・サンピン/松浦勝人/ウー・ケボ/千葉龍平/チン・ウェン・ハン/キム・ウデク/ユ・ジョンフン/ジョン・ウー
脚本: ジョン・ウー/チャン・カン/コー・ジェン/シン・ハーユ
撮影: リュイ・ユエ/チャン・リー
美術: ティム・イップ
衣装デザイン: ティム・イップ
音楽: 岩代太郎
主題歌: アラン
出演: トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン/ユウ・ヨン/ホウ・ヨン/バーサンジャプ/ザン・ジンシェン/トン・ダーウェイ/ソン・ジア/チャン・サン

『男たちの挽歌』『M:I-2』のJ.ウー監督。『ウインドトーカーズ』『ペイチェック 消された記憶』と最近少し冴えの無かったJ.ウー監督だが、メジャー級のクリエイターとして定着した今、いよいよあの「三国志」を壮大なスケールで映画化。本作は『レッドクリフ Part Ⅱ―未来への最終決戦―』へと展開する序章に当たる。J.ウー自身の私財を投入してまでも妥協しなかったと聞く本作には当然期待は大きくなる。魏の曹操(Z.フォンイー)軍が率いるは80万の大軍。スケール感のある大軍に立ち向かうからこそ、諸葛亮孔明(金城武)の奇策や周瑜公瑾(T.レオン)の知略、武略が引き立つのである。如何に関羽雲長(バーサンジャプ)、張飛翼德(Z.ジンシェン)、趙雲子龍(H.ジュン)等猛将を抱えるとはいえ、蜀の劉備玄徳(Y.ヨン)と呉の孫権(C.チェン)連合軍は3万数余でしかないのである。80万の軍を蹴散らす熱く興奮の赤壁の戦いを描く第2部へと突入する合図のように白鳩が飛び立つまでを描く。どうしても序章としてクライマックスまでの登りであるとは思うが、九官(九宮?)八卦の陣で曹操軍に前哨戦で勝つという見せ場を作っているのみ。やや退屈であった。劉備が孔明を三顧の礼を持って軍師に迎えることや、軍略以外の孔明の功績など、もっともっとコテコテの逸話を描写して欲しかった。
絶世の美女として謳われる周瑜の妻・小喬(L.チーリン)。曹操が傍らに侍らせたいと言っているということを孔明は周瑜に告げ怒らせ、赤壁へと巻き込んだと聞いた様な記憶もあったのだが、そんな話ではなかったか。それともヒロイズムの追求には必要ないということから削ったのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック