スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 三池崇史
製作: 気賀純夫/島本雄二/亀山慶二/亀井修/小笠原明男/中村邦彦/会田郁雄
プロデューサー: 吉田浩二/山口敏功
エグゼクティブプロデューサー: 遠谷信幸
企画: 中沢敏明
脚本: 三池崇史/NAKA雅MURA
撮影監督: 栗田豊通
美術: 佐々木尚
衣裳: 北村道子
編集: 島村泰司
音楽: 遠藤浩二
主題歌: 北島三郎『ジャンゴ~さすらい~』
CGIディレクター: 太田垣香織
CGIプロデューサー: 坂美佐子
音響効果: 柴崎憲治
照明: 鈴木秀幸
製作統括: 佐野哲章
装飾: 田口貴久
録音: 中村淳
助監督: 丹野雅仁
出演: 伊藤英明/佐藤浩市/伊勢谷友介/安藤政信/堺雅人/小栗旬/田中要次/石橋貴明/木村佳乃/内田流果/溝口琢矢/稲宮誠/大西武志/米山善吉/安藤彰則/山口祥行/やべきょうすけ/岡田正典/中村銀次/外川貴博/小林太樹/尚玄/赤星満/ホリケン/香取慎吾/クエンティン・タランティーノ/石橋蓮司/塩見三省/松重豊/香川照之/桃井かおり

『ゼブラーマン』『着信アリ』『妖怪大戦争』『クローズZERO』『龍が如く 劇場版』『ヤッターマン』の三池崇史監督。映画が始ってすぐビリンゴ(Q.タランティーノ)が祇園精舎の鐘の声……」の有名な書き出しを語り始める。日本人による映画だとは分かっていた。それがウエスタンであり、英語で演じられる。なんだか面白そうな一方、限度を超えたはちゃめちゃなとんでもないものを見せられるのではと心配した。だが、結論から言うと面白かった。舞台はウエスタン風の町ユタだが源平の話である。平家が壇ノ浦で敗れてから数百年経ったという設定で、平家埋蔵金を求めて赤軍と言われる平清盛(佐藤浩市)率いる平家ギャングがやってくる。保安官(香川照之)をも思うように操り始めた平家達は横暴さを増し村長(石橋蓮司)にも手をかける。そんな中平家を脅かす集団・源義経(伊勢谷友介)率いる白軍だ。当然平家は源氏に圧されていく。そこに一人のガンマン(伊藤英明)が現れ、凄腕を見込んで源平の争奪が始る。弁慶(石橋貴明)が股間をやられた上、カマって義経に飛びつこうとする展開や、伝説の殺し屋が桃井かおり演じるルリ子だったという話も含めコテコテの話が要求するように作られていて楽しい。とはいえ、伊藤英明演じるガンマンは最後までシリアス・キャラで通されているところもいい。シリアスとコメディの融合でもある。アクションはというと、弾丸を刀で切り裂くだとか、切りつけられる刀を拳銃で受けると言う演出は和洋の美味しいとこ取りの演出。風変わりなものとして刺激を得ることが出来た。
また、北島三郎の歌がいい。♪ジャンゴ~さすらい~♪である。拳銃の弾が風に流され弧を描いて標的に当たる。どこかコミカルで奇天烈な発想によるジャパニーズ・マカロニウエスタンにぴったりあの節回しがピタリとマッチするこれだと言う歌だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 夢を手に入れるより もっと素敵なこと

    Excerpt: 夢を追いかけている自分、 追いかける時に力がついてくる事実の方が、 夢を手に入れたかどうかよりももっと素敵なことなんじゃないの... Weblog: 出過ぎた杭は打ちづらい racked: 2009-03-08 23:34