椿三十郎

椿三十郎(1962/日本)
評価(お奨め度)★★★★★
監督: 黒澤明
製作: 田中友幸/菊島隆三
原作: 山本周五郎『日々平安』
脚本: 菊島隆三/小国英雄/黒澤明
撮影: 小泉福造/斎藤孝雄
美術: 村木与四郎
音楽: 佐藤勝
出演: 三船敏郎/仲代達矢/小林桂樹/加山雄三/団令子/志村喬/藤原釜足/入江たか子/清水将夫/伊藤雄之助/久保明/太刀川寛/土屋嘉男/田中邦衛/江原達怡/平田昭彦/小川虎之助/堺左千夫/堤康久/山田彰/松井鍵三/樋口年子/波里達彦/佐田豊/清水元/山口博義/広瀬正一/大友伸/大橋史典/峯丘ひろみ/河美智子/爪生登喜/伊藤実/宇留多耕司

黒澤明監督による『用心棒』と『天国と地獄』の間の作品。森田芳光監督によりリメイクされた『椿三十郎』は既に観たが、非常に面白い話だったのでオリジナルの本作が是非観たくDVDを購入しての鑑賞である。椿三十郎を演じる三船敏郎は森田芳光版三十郎の織田裕二に比べると確かに貫禄凄い。それに悪役三人組の黒藤(志村喬)、竹林(藤原釜足)、菊井(清水将夫)も貫禄、いやこちらは年季の入ったと言うべきか。リメイク版三悪人の風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍らはちょっとコミカルでもあった。三十郎が一生懸命面倒見る頼りない若侍達9人には、井坂伊織(加山雄三)他の、保川(田中邦衛)等これまたあくのある者がいるため三船敏郎が特にバランス的にいいのだ。リメイク版の若侍達には全くあく等ないため三船敏郎だとギャップがありすぎたかもしれない。とにかく黒澤明版『椿三十郎』はそのように観てしまう事もあるのだが風格、威厳がある。一方、城代家老・睦田(伊藤雄之助)の妻(入江たか子)はちょっと抜けていながらもおっとらした、押入れ侍(小林桂樹)は風変わりではあるが誠実な、二人共人の良さを充分出して演出されている。黒澤監督作品の中では一、二を争うエンターテイメント色の強い娯楽作で、ユーモアもたっぷりあって観やすい映画である。
赤か白かがクライマックスで流される椿は赤を流せばいいのか白か。赤穂浪士の陣太鼓のように今から突入という高揚感と共にどっと流される様は感動的だ。本作はもちろん白黒である。話の重要なキャラとも言える椿は赤であることがはっきり分かるように赤を黒く塗ったと言う。そう言った拘りの一つ一つが名作を作り、巨匠といわれる監督を作っていったのだと思う。ただ、ブルーレイだDVDだとカラーや視覚的要素がどんどん追求され進歩している今であってこそ白黒の良さを私は感じているのだと思う。白黒いいなあと思うこと良くあるのだ。最後の室戸半兵衛(仲代達矢)との決闘のシーン。これでもかと血を吹き上げ室戸は倒れるのだが、グロさがさして出ないのも白黒の効果といえる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック