赤ひげ

赤ひげ(1965/日本)
評価(お奨め度)★★★★★
監督: 黒澤明
製作: 田中友幸/菊島隆三
原作: 山本周五郎『赤ひげ診療譚』
脚本: 井手雅人/小国英雄/菊島隆三/黒澤明
撮影: 中井朝一/斎藤孝雄
美術: 村木与四郎
音楽: 佐藤勝
監督助手: 森谷司郎/松江陽一/出目昌伸/大森健次郎
記録: 野上照代
擬闘: 久世竜
照明: 森弘充
出演: 三船敏郎/加山雄三/山崎努/団令子/桑野みゆき/香川京子/江原達怡/二木てるみ/根岸明美/頭師佳孝/土屋嘉男/東野英治郎/志村喬/笠智衆/杉村春子/田中絹代/柳永二郎/三井弘次/西村晃/千葉信男/藤原釜足/三津田健/藤山陽子/内藤洋子/七尾伶子/辻伊万里/野村昭子/三戸部スエ/菅井きん/荒木道子/左卜全/渡辺篤/小川安三/佐田豊/沢村いき雄/本間文子/出雲八重子/中村美代子/風見章子/青木千里/栗栖京子/柳下悠紀子/深井聡子/大久保正信/大木正司/広瀬正一/山口博義/常田富士男/古諸州

1965年ヴェネチア国際映画祭1965年男優賞(三船敏郎)、国際カトリック映画事務局賞(黒澤明)、同年ブルーリボン賞作品賞、主演男優賞(三船敏郎)、助演女優賞(二木てるみ)受賞。巨匠・黒澤明監督による『天国と地獄』と『どですかでん』の間の作品。
小石川養生所へ呼び出された保本登(加山雄三)。長崎で蘭学を学び出世を夢見る保本にとって貧乏人のための施設である本養生所での住み込み仕事は災いでしかなかった。所長の赤ひげこと新出去定(三船敏郎)の横暴と思える診療法にも反感を持ち。不当な態度により療養所より追い出されることに期待しているくらいである。だが、病人に心底触れ合い親身になって心の奥底からケアする姿に心を打たれていく。赤ひげ先生のようになりたいと思いながらも未熟な自分に気付いた保本であったが、ある時、岡場所でこき使われ身も心もボロボロに病んでいて療養所へ引き取った少女おとよ(二木てるみ)を最初の患者として預けられる。人間不信に陥っていたおとよの心を開こうと必死で看病をする。おとよに叩かれてなお辛抱強く接する赤ひげの姿に心惹かれるのは保本だけではない。単に患者の治療に専念するだけの医者ではなく、患者の生きていく存在そのものの、生死に真っ向向き合う赤ひげに観ている者も心打たれる。岡場での数人のやくざ相手に素手で立ち回る赤ひげは力強く患者の事を思う信念の気高さが格好いい。ひげは貫禄の象徴。三船敏郎の存在感が最大生かされる役と言える。
貧乏で苦しい生活であっても「療養所で医療を続けたい」という、自分を引き継いでくれる保本という後継者を得た赤ひげが、「後悔するぞ」と繰り返し言いながら、嬉しそうに「ふん」というシーン。これこそが自分の信念に基づいて頑固一徹頑張ってきた最高の喜びである。彼らは心の平穏を得ているのだ。そんな療養所で診て貰える者は心から癒される、病気と言えど幸せな患者である。そして保本は車大工の佐八(山崎努)が皆のために働き続ける重病患者とは思えぬ慈愛の姿等からも素晴らしき人間の姿を感じ取っていく。遊学中に裏切ったちぐさ(藤山陽子)を責めるをやめ、自分を見守るかのように好いてくれるちぐさの妹まさえ(内藤洋子)と結婚の約束を取り交すことにした保本に見栄や外聞を捨て、相手の気持ちを察することの出来る人間になりつつあることが象徴される。黒澤明監督の『静かなる決闘』で三船敏郎が演じた青年医師がそうであったように、誠実さや人間の良心を感じることが出来る嬉しい映画だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック