地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(1972/日本)
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: 福田純
製作: 田中友幸
脚本: 関沢新一
撮影: 長谷川清
美術: 本多好文
編集: 田村嘉男
音楽: 伊福部昭
アクション: 中島春雄(ゴジラ)/中山剣吾(ガイガン)
特技・合成: 土井三郎
特技・撮影: 富岡素敬
特技・操演: 中代文雄
特技・美術: 青木利郎
特殊技術: 中野昭慶
出演: 石川博/高島稔/梅田智子/村井国夫/菱見百合子/藤田漸/西沢利明/大前亘/木村博文/斉藤宜文/葦原邦子/中村是好/武藤章生/清水元/大宮幸悦/草川直也

平成ゴジラシリーズ第12作目の今作以外にもゴジラシリーズ『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』『ゴジラ対メガロ』『ゴジラ対メカゴジラ』を監督した福田純。ゴジラをデザインしたタワーをシンボルとする子供ランド。M星宇宙人が行方不明の地球人(藤田漸、西沢利明)を仮の姿として経営するいわく付きの組織だ。地球侵略を企む彼らは科学者である志摩武(村井国夫)を拉致していた。売れないマンガ家の小高(石川博)はデザイン画が子供ランドに採用されたのだが、子供ランドより慌てて逃げる武の妹マチ子(梅田智子)が落とした謎のテープを拾ったことから、マチ子らと行動を共にし、彼らの怪しき正体、陰謀を知ることとなる。マチ子が持ち出したテープは宇宙怪獣を呼び寄せる電波を録音したものだった。今回やってくる宇宙怪獣はキングキドラともう一匹ガイガンだ。対抗して地球を守るのがゴジラとアンギラス。ふきだしで会話する仲の良さだ。2対2のタッグ試合だがアンギラスはやられ役。最強チャンピオンのゴジラ一匹の活躍で宇宙怪獣に勝利。勝利したゴジラとアンギラスは怪獣島に戻っていく。帰るべき場所、納まる場所も得て、地球の危機にのみ出向いてくるゴジラは完全に人間の味方、ヒーローとなった。ガイガンはサイボーグの怪獣だ。位置付けは見た目程の存在意義っを感じない怪獣であるのが寂しい。環境破壊されたM星の生き残り生物の正体はゴキブリだったことが明かされる。ちょっとした衝撃事実として用意されたものだが今一つエスプリが利いていない。それにやっぱりふきだしによる怪獣どうしの会話はなしだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック