スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005/アメリカ)
STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: ジョージ・ルーカス
製作: リック・マッカラム
製作総指揮: ジョージ・ルーカス
脚本: ジョージ・ルーカス
撮影: デヴィッド・タッターサル
SFX: ILM
視覚効果スーパーバイザー: ジョン・ノール/ロジャー・ガイエット
プロダクションデザイン: ギャヴィン・ボケット
衣装デザイン: トリシャ・ビガー
編集: ロジャー・バートン
音楽: ジョン・ウィリアムズ
出演: ユアン・マクレガー/ナタリー・ポートマン/ヘイデン・クリステンセン/イアン・マクディアミッド/サミュエル・L・ジャクソン/ジミー・スミッツ/クリストファー・リー/アンソニー・ダニエルズ/ケニー・ベイカー/テムエラ・モリソン/アーメッド・ベスト/ピーター・メイヒュー/ブルース・スペンス/サイラス・カーソン/デヴィッド・バワーズ/マット・ローワン/グレーム・ブランデル/トリシャ・ノーブル/クローディア・カーヴァン/キー・チャン/ジョエル・エドガートン/ケイシャ・キャッスル=ヒューズ/オリヴァー・フォード・デイヴィス/レナ・オーウェン ニー・アレイヴァー
声の出演: ジェームズ・アール・ジョーンズ/フランク・オズ

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』に続くシリーズ第3作。この後、先に公開された1977年『スター・ウォーズ』以降のシリーズへと続く。第4作以降の悪役と言えばダース・ベイダー。スター・ウォーズ・サーガと言われるエピソード1から3まではアナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちて行き、ダース・ベイダーとなるまでの過程を描く。『アメリカン・グラフィティ』の監督G.ルーカスは『スター・ウォーズ』3作で栄光を手にしたが、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』からはゴールデン・ラズベリー賞を獲得するようになってしまった。本作も2005年ラジー賞ワースト助演男優賞(H.クリステンセン)を受賞してしまっている。また、2006年MTVムービー・アワード悪役賞(H.クリステンセン)を受賞。
『スター・ウォーズ』を愛するものにとって、ダース・ベイダーは悪であっても思い入れのあるキャラである。もちろんアナキン・スカイウォーカー(H.クリステンセン)とパドメ・アミダラ(N.ポートマン)の間に儲けられた双子がルーク・スカイウォーカーとレイア姫であそして別々の場所で育てられることは周知のこと。パドメが生んだ双子をダース・シディアス(I.マクディアミッド)ら帝国の魔の手が及ばぬようヨーダ(F.オズ)、オビ=ワン・ケノービ(E.マクレガー)ら唯一生き残ったジェダイの騎士が考えて別々の夫婦に託すシーンは感慨深い。オビ=ワンとの戦いで瀕死の重傷を負ったアナキンが手術を受けダース・ベイダーのあの黒ずくめの仮面、ヘルメットが装着されるというのもたまらなく心躍るシーンだ。ここから始るという思いを抱いてのエンディングこそがこの映画の魅力。だが残念なことに、イメージが出来ているストーリープロット以外で惹きつけられるシーンはない。やはりアナキンガ暗黒面に落ちていく理由に説得力はないし、パドメの状況理解力の無さには疑問が残る。アナキンが暗黒面に落ちたことを認めたくないといえ実際に起こっていることからアナキンとパルパティーン最高議長の言うことはおかしいと思って当たり前。誤解したままとしたいなら情報が遮断された空間にでもいることが必用だ。また、吉田戦車が「戦車映画」で書いていたが、賢者で超人のジェダイ騎士団が間抜けなうっちゃりを決められたのだと。だが吉田氏はこういった単純さが前2作によりこれまでじわじわ進められてきた黒幕の邪悪さが際立ったとも書いていた。とはいえ全体的にストーリー創作には期待以上の思いが得られなかったというのが本当のところ。だが、CG技術による映像には正直ビックリの連続だ。自由な発想によりもたらす宇宙世界の描写に圧倒する。ヨーダも動きが早くなり更にスピード、パワーの大きいフォースを手に入れた。TV鑑賞によりコメントしているが本作は劇場でみた。やはりこの手の映画は臨場感。劇場で観るにかぎる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック