007/ユア・アイズ・オンリー

007/ユア・アイズ・オンリー(1981/イギリス/アメリカ)
FOR YOUR EYES ONLY
評価(お奨め度)★★★★
監督: ジョン・グレン
製作: アルバート・R・ブロッコリ/マイケル・G・ウィルソン
原作: イアン・フレミング
脚本: リチャード・メイボーム/マイケル・G・ウィルソン
撮影: アラン・ヒューム
特撮: デレク・メディングス
作詞: ミック・リーソン
音楽: ビル・コンティ
テーマ曲: モンティ・ノーマン
主題歌: シーナ・イーストン
出演: ロジャー・ムーア/キャロル・ブーケ/トポル/リン=ホリー・ジョンソン/ジュリアン・グローヴァー/ジル・ベネット/カサンドラ・ハリス/デスモンド・リュウェリン/ロイス・マクスウェル/ウォルター・ゴテル/チャールズ・ダンス

監督はこの後『007/オクトパシー』『007/美しき獲物たち』『007/リビング・デイライツ』『007/消されたライセンス』『コロンブス』のJ.グレンによるシリーズ第12作目。R.ムーアのボンドとなってからややコミカルになりつつあったが、この映画ではボンドの持つユーモアは押さえ気味に、殺しのライセンスを持つ007の敵に対する非情さも復活。ムーア・ボンドのキャラではないと言われそうだが、このほうがいい。今回の悪党(J.グローヴァー)はなんだか影が薄いが、企み自体は、沈没したイギリス監視船に積載されていた自動ミサイル誘導装置ATACをソ連に渡そうとするもので、国家保安レベルの話題でスケールが大きい。グローヴァー扮するギリシャの富豪が敵か見方か判らないという設定であったことも印象に影響しているだろう。しかし、ストーリー的には同じく謎の男として描かれたコロボ(トボル)の存在も効いていて面白い。スケーター女優L-H.ジョンソンもかわいいが、なんといっても両親を殺され復讐を誓うメリナ(C.ブーケ)がいい。カーアクション、潜水アクションとボンドと行動する中にボンドガールとして高得点の存在感を示す。スキーにロッククライミングに、肉体で表現するアクションも基本に立ち返っているようで嬉しい。欲をいうとQ(D.リュウェリン)の造ったボンド・グッズをもっと印象的に使って欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック