釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束(2007/日本)
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: 朝原雄三
原作: やまざき十三(作)/北見けんいち(画)(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)
脚本: 山田洋次/朝原雄三
撮影: 近森眞史
美術: 須江大輔
編集: 石島一秀
音楽: 信田かずお
照明: 土山正人
録音: 鈴木肇
助監督: 石川勝己
出演: 西田敏行/浅田美代子/檀れい/谷啓/星由里子/高嶋政伸/加藤武/小野武彦/鶴田忍/中村梅雀/村野武範/益岡徹/中本賢/平山あや/笹野高史/奈良岡朋子/小沢昭一/石田靖/梅垣義明/佐藤正宏/伊藤正之/増田英彦(ますだおかだ) /安田大サーカス/オーケイ/渋谷天外/桂小金治/持丸加賀/三國連太郎

本作は番外の2作を含めてシリーズ第20作となる。『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!』『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』まで監督を務めている朝原雄三による岡山県を舞台とした騒動である。下津井に巻き起こっているリゾート開発計画。美しい景観、自然を守ろうと地元住民は反対運動を起こしていた。今回のマドンナ檀れい演じる木山珠恵は恋人・昌平(高嶋政伸)とこの反対運動に参加しているのである。スーさんは社長を降り会長職へ就任するのであるが、就任式で頭が真っ白になったことからアルツハイマーの兆候を嘆き、散歩に出掛けたまま行方をくらました。そしてお世話になるのが下津井にある珠恵とその母(星由里子)の住む海蔵寺である。リゾート計画を進めているのが鈴木建設というわけで、スーさんは、産婦人科の偽の診断書にて休暇を取って探しにきてくれた浜ちゃんとで地元住民の思いを見極めるというストーリーとなっている。当然、スーさんが裏から手を回し計画を中止させる。座り込みまでして行動を起こし美しい瀬戸内を守り抜いたと喜び合う若者たち。そして昌平は珠恵にプロポーズして結ばれるのだった。
ボケが話題になるようになったスーさん。三國連太郎も釣り船で立って釣りシーンを演じる元気さには驚くが、流石に顔から首回りが痩せて老いを感じないではない。とはいえ釣りはしんどいのだろう。釣りシーンはもっともっと多い方がいいのだが・・、今後ますます釣りのシーンは無くなっていくのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック