HERO

HERO(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 鈴木雅之
製作: 亀山千広
プロデューサー: 現王園佳正/牧野正/宮澤徹/和田倉和利
エグゼクティブプロデューサー: 清水賢治/島谷能成/飯島三智
統括プロデュース: 石原隆
企画: 大多亮
脚本: 福田靖
撮影: 蔦井孝洋
美術: 荒川淳彦
編集: 田口拓也
音楽: 服部隆之
VFXスーパーバイザー: 西村了
スクリプター: 戸国歩
ラインプロデューサー: 森賢正
照明: 疋田ヨシタケ
録音: 柿澤潔
助監督: 片島章三/足立公良
監督補: 長瀬国博
出演: 木村拓哉/松たか子/大塚寧々/阿部寛/勝村政信/小日向文世/八嶋智人/角野卓造/児玉清/松本幸四郎/森田一義/中井貴一/綾瀬はるか/国仲涼子/香川照之/岸部一徳/山中聡/石橋蓮司/ペク・ドビン/眞島秀和/波岡一喜/長野里美/イ・ビョンホン/伊藤正之/正名僕蔵/田中要次/古田新太/MEGUMI/奥貫薫/鈴木砂羽/山崎汐音

『GTO』『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』の鈴木雅之監督が脚本を手がけてきた「HERO」TVシリーズを映画化。同じくTVシリーズの脚本だった福田靖がそのまま脚本を勤める。東京地検・城西支部のユニークな検事、検察事務官たちがテンポ良く絡むTVドラマはお気に入りであった。人物アップや天井視点等のカメラワークも面白い。法廷ドラマをコミカルに描くのにはセンスが必要だ。弁護士のアリー・マクビールを主人公に事務所の人間模様を描くアメリカのドラマ「アリー・myラブ」も好きだったが、このドラマはかなり参考にされていると思う。久利生公平(木村拓哉)は検事である。私は犯罪に関しては被害者心理を重んじる傾向がある。検事が常に被害者側に立つというわけではないだろうが、一般的にはそうであるため私には心地よい。ただ、久利生検事はどちら側であるかというより事件の真実を追求する。そのためには世の中の体制や権力にも流されない。それでもって形式的な法で裁くのではなく人情も感じさせる。大岡越前裁きである。中村検事(大塚寧々)、芝山検事(阿部寛)や末次検察事務官(小日向文世)等事務所同僚も権力体制に縛られそうになっても久利生の頑張りに本当の正義を目覚めさせていく。その上で忘れてはならないのが上司の理解だ。それに当たるのが東京地検次席検事・鍋島(児玉清)と事務所をまとめる牛丸検事(角野卓造)である。如何に正義を振りかざそうとも世の中には障害が多すぎる。それも現実である。ドラマは事件を裁くだけでは続いて行かない。芝山と中山の不倫関係や江上検事(勝村政信)の雨宮事務官(松本幸四郎)へのアタック、もちろん久利生と雨宮の恋模様がドラマの本流。互いに意識しながらも進展しない二人の関係にこの劇場版が決着をつける。
本作の事件は大物政治家・花岡(森田一義)の汚職隠しのためのアリバイ作りにつじつまを合わせるために事件が捻じ曲げられようとされる。花岡側の依頼により、容疑者・梅林(波岡一喜)を弁護するのが連戦連勝のやり手大物弁護士の蒲生。蒲生を演じるのが松本幸四郎で松たか子との親子共演も話題である。私は親子共演、夫婦共演等は出来れば避けたいと考える。ついつい照れ等を考えてしまう。それにしてもメガネ姿の松たか子は知的でかわいい。正義を貫き、弱き者のために権力に立ち向かう久利生は、松たか子演じる雨宮の気を引く男としても憧れのヒーローである。イ・ビョンホンが出演することでも話題であったが、韓国のイケメン検事として登場。実にもったいぶった一瞬の登場だったが久利生と雨宮の恋模様を一言の台詞で彩った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック