ポーラー・エクスプレス

ポーラー・エクスプレス(2004/アメリカ)
THE POLAR EXPRESS
評価(お奨め度)★★★★
監督: ロバート・ゼメキス
製作: ロバート・ゼメキス/ゲイリー・ゴーツマン/スティーヴ・スターキー/ウィリアム・ティートラー
製作総指揮: トム・ハンクス/ジャック・ラプケ/クリス・ヴァン・オールズバーグ
原作: クリス・ヴァン・オールズバーグ『急行「北極号」』(あすなろ書房刊)
脚本: ロバート・ゼメキス/ウィリアム・ブロイルズ・Jr
撮影: ドン・バージェス/ロバート・プレスリー
音楽: アラン・シルヴェストリ
声の出演: トム・ハンクス/ノーナ・ゲイ/ピーター・スコラーリ/エディ・ディーゼン/マイケル・ジェッター/チャールズ・フライシャー/ジュリアン・レネ/ヘイデン・マクファーランド/ジョシュ・ハッチャーソン/クリス・コッポラ/レスリー・ゼメキス

『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』『ロジャー・ラビット』『永遠(とわ)に美しく…』『ホワット・ライズ・ビニース』、そしてまだ観ていないが『ベオウルフ/呪われし勇者』のR.ゼメキス監督によるクリスマス・ファンタジー。クリスマスの定番絵本が原作。ファンタジーはお手の物のR.ゼメキスが、彼の監督作『フォレスト・ガンプ/一期一会』『キャスト・アウェイ』で組んだT.ハンクスを主役少年や車掌、サンタ等5役の声に抜擢し、クリスマス・イブの“ポーラー・エクスプレス”による北極旅行を楽しませてくれる。ほんわかしたドリーミングな世界と言うよりは、彼の監督代表作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作のようなノンストップ・ジェットコースタームービーとなっている。そして流石人気の原作だけあって訴える題材はしっかりしている。Xマス・ファンタジーといえば、サンタクロースを信じるか。大人になると夢を失ってしまうが夢を持ち続けろと言うのがテーマとなる。サンタクロースの存在を疑い始めた主人公の少年が、エルフ隊長(C.フライシャー)達がXマスプレゼントを用意し、年に一度のお祭りを祝う北極の街での体験を通して再びサンタクロースを信じるようになる。少年はサンタクロースにプレゼントにトナカイが落としたサンタクロースの鈴を希望する。持ち帰った少年の鈴の音は妹にも聞こえるが、両親には聴こえない。夢や想像力とはこういうことだと思う。鈴の音がイメージ出来るか否か。イメージ出来れば鈴の音を聞くことが出来るし、鈴を楽しむことが出来る。鳴らない鈴の音を聞けなくても生活の上で何も問題はない。だが貧困なイメージでは生活に彩が無いのだ。ラストで少年は語る。妹は後に鈴の音が聞こえなくなる。だが少年はずっと聞こえたという。ポーラー・エクスプレスの経験は少年の人生を豊かに彩っているだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック