スリーピー・ホロウ

スリーピー・ホロウ(1999/アメリカ)
SLEEPY HOLLOW
評価(お奨め度)★★★★★
監督: ティム・バートン
製作: スコット・ルーディン/アダム・シュローダー
原作: ワシントン・アーヴィング
脚本: アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
撮影: エマニュエル・ルベツキ
プロダクションデザイン: リック・ハインリクス
衣装: コリーン・アトウッド
音楽: ダニー・エルフマン
出演: ジョニー・デップ/クリスティナ・リッチ/ミランダ・リチャードソン/マイケル・ガンボン/ャスパー・ヴァン・ディーン/イアン・マクディアミッド/マイケル・ガフ/クリストファー・リー/ジェフリー・ジョーンズ/マーク・ピッカーリング/リサ・マリー/クリストファー・ウォーケン/レイ・パーク

『ビートルジュース』『バットマン』『バットマン リターンズ』『マーズ・アタック!』『PLANET OF THE APES 猿の惑星』『ビッグ・フィッシュ』のT.バートン監督の描く世界は実にユーモラスだ。首なし騎士の事件をファンタジック・ホラーで描いた本作は、1999年アカデミー賞とLA批評家協会賞の美術賞(R.ハインリクス)、 同年英国アカデミー賞プロダクションデザイン賞(R.ハインリクス)、衣装デザイン賞(C.アトウッド)を受賞。首狩り殺人が次々起こり首がコロコロ転がっていく話だが、陰湿に見せないところが流石である。事件は昔首を狩られた騎士(C.ウォーケンの亡霊の仕業かとの噂が流れるが、主人公のイカボッド・クレーンが科学的に事件を追跡する。事件の謎を解く主人公のイカボッドを演じたのは『シザーハンズ』『エド・ウッド』『チャーリーとチョコレート工場』『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』と多くでT.バートン監督と黄金コンビを組んできたJ.デップ。彼が不思議世界を創り上げる事が出来るのは周知のことであるが、今作では真犯人が狙う遺産の相続者としての重要な鍵であると共に、イカポッドのパートナーでもあるカトリーナを演じたC.リッチも神秘性に貢献していた。
最後はイカポッドが謎めいた事件を科学的に解き明かすのかと思っていた。真犯人ヴァン・タッセル夫人(M.リチャードソン)がかつて魔女として母を殺された復讐と遺産狙いによる殺人だったことが明らかになるものの、死んだ騎士の首を隠すことで首狩り騎士をよみがえらせていたことも事実であった。色を落とした映像美で作り上げた世界の中での、幽霊騎士も実在だった予想を裏切ったストーリーに大満足。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック