目撃

目撃(1997/アメリカ)
ABSOLUTE POWER
評価(お奨め度)★★★★★
監督: クリント・イーストウッド
製作: クリント・イーストウッド/カレン・スピーゲル
製作総指揮: トム・ルーカー
原作: デヴィッド・バルダッシ
脚本: ウィリアム・ゴールドマン
撮影: ジャック・N・グリーン
美術: ヘンリー・バムステッド
音楽: レニー・ニーハウス
出演: クリント・イーストウッド/ジーン・ハックマン/エド・ハリス/ローラ・リニー/スコット・グレン/デニス・ヘイスバート/ジュディ・デイヴィス/E・G・マーシャル/メロラ・ハーディン/リチャード・ジェンキンス /ケネス・ウェルシュ/ペニー・ジョンソン/マーク・マーゴリス/エレイン・ケイガン/アリソン・イーストウッド

情事中酔った勢いで暴力的になったアメリカ大統領リッチモンド(G.ハックマン)に相手のクリスティ(M.ハーディン)がナイフで反撃。大統領の危険を感じたシークレット・サービスのバートン(S.グレン)とコリン(D.ヘイスバート)はクリスティを射殺。その場を取り繕い証拠隠滅を図る。だが、一部始終を見ていた者がいた。クリスティは政界大物のサリヴァン(E・G・マーシャル)夫人なのだが、このサリヴァン邸に盗みに入ったルーサー・ホイットニー(C.イーストウッド)である。絶大な権力にて消されかねないルーサーだったが、証拠となるナイフを持って逃げる。ナイフのない事に気付いた彼らに狙われることになる。到底かなうことのない敵ではあるが、大統領を許すことが出来ないルーサーは彼らを揺さぶっていく。政府権力を相手に窮地にいるに違いはないものの、落ち着きはらい変装で相手の懐を探るルーサーは『トーマス・クラウン・アフェアー』のピアース・ブロスナン演じたトーマス・クラウンの様な大物ぶりも感じさせる。ところが、一人娘のケイト(L.リニー)にも危険が及んでしまった。もはやここまでとの思いからルーサーは妻を手にかけた大統領の真実をサリヴァンに明かした。自分を裏切ったことを知ったサリヴァンはリッチモンドを許さなかった。大統領は自殺と報じられる。追い詰められたルーサーが殺されたクリスティの夫であり政界の大物を頼ったことにはなるほど感服である。
『ファイヤーフォックス』『センチメンタル・アドベンチャー』『ダーティハリー4』『ペイルライダー』『ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場』『ホワイトハンター ブラックハート』『許されざる者』『マディソン郡の橋』『トゥルー・クライム』『スペース カウボーイ』『ブラッド・ワーク』『ミリオンダラー・ベイビー』のようにC.イーストウッドが監督・製作・出演を務めた作品である。 C.イーストウッド自身が演じることでいつも魅力的な主人公となる。敵役も演技派G.ハックマンということで更に魅力は引き立っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック