しゃべれども しゃべれども

しゃべれども しゃべれども(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 平山秀幸
プロデューサー: 渡辺敦/小川真司
エグゼクティブプロデューサー: 豊島雅郎/藤島ジュリーK./奥田誠治/田島一昌/渡辺純一/大月昇
原作: 佐藤多佳子『しゃべれども しゃべれども』(新潮社刊)
脚本: 奥寺佐渡子
撮影: 藤澤順一
美術: 中山慎
編集: 洲崎千恵子
音楽: 安川午朗
音楽プロデューサー: 安井輝
主題歌: ゆず『明日天気になぁれ』
照明: 上田なりゆき
装飾: 松本良二
録音: 小松将人
助監督: 城本俊治
落語監修: 柳家三三/古今亭菊志ん
出演: 国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫/伊東四朗/占部房子/外波山文明/建蔵/日向とめ吉/青木和代/下元史朗/水木薫/三田村周三/原金太郎/山本浩司/安倍照雄/中村靖日/飯田基祐/椎名泰三/五月晴子/織田優成/豊田達也/佐々木史朗/福岡芳穂/福島聡司/入船亭遊一/田中ふゆ/金山はる/金原亭馬吉/林家彦丸/堀越光貴/佐藤勇樹/広瀬ゆう/花原優香/伊瀬知悠/吉井克斗/立原誠崇/田村未奈美/桑畑幸菜

『OUT』『レディ・ジョーカー』の平山秀幸監督が落語という文化をかっこよく見せてくれた。落語をこよなく愛する外山達也(国分太一)は今昔亭小三文(伊東四朗)の弟子・今昔亭三つ葉として長年やっているが、なかなか腕が上がらずいつまで経っても真打になれない。そんな中、話し方の教室を始める羽目になる。弟子は三人。大阪弁で口達者なために越してきた東京のクラスに馴染めない小学生・村林優(森永悠希)。無愛想なために上手く人と付き合えない女・十河五月(香里奈)。阪神ファンの優はよく知る、引退後プロ野球解説者でありながらあがり症で上手く言いたいことも言えない湯河原(松重豊)である。彼らは色々文句を言いながらも教室に通い、落語を通して自分を変えようと苦悩する。話し方教室で成長する三人及び今昔亭三つ葉の芸の変化を描く。いよいよ師匠に演じることを許された「火焔太鼓」の初演で開眼する。それまでの堅さが無くなった素晴らしい演技だった。やはり真面目だけではいけない。人を笑わせる話をしているのだからまずは自分が楽しまなければだめなのは当然である。ただこの初演に関しては発表の直前に師匠が飲ませてくれた酒の力がめちゃ大きいと思うが・・。ただこの落語シーンの国分太一の演技は見事だった。古典落語を聴きたいと思った。CDでも買おうかという心境である。あと、子役の森永悠希の喋りは凄い。彼の発表会の「饅頭こわい」も関西弁が生かされたいい味出てたのではなかろうか。
香里奈演じる五月は普通なら鼻につく嫌な女。だが、どこか惹かれるキャラになっていたのは彼女が演じたから?ひいき目だろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック