椿三十郎

椿三十郎(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★★★
監督: 森田芳光
製作: 島谷能成/千葉龍平/早河洋/永田芳男
プロデューサー: 三沢和子/徳留義明/市川南/田中迪/梅澤道彦
プロデュース: 大杉明彦/高木政臣/亀山慶二/富山省吾
製作総指揮: 角川春樹
原作: 山本周五郎『日日平安』(ハルキ文庫刊)
脚本: 菊島隆三/小国英雄/黒澤明
撮影: 浜田毅
美術: 小川富美夫
編集: 田中愼二
音楽: 大島ミチル
音楽プロデューサー: 石川光
スクリプター: 山内薫
プロデューサー補: 和田康作/阿部謙三/剱持嘉一
ラインプロデューサー: 元持昌之
殺陣: 中瀬博文
照明: 渡辺三雄
製作担当: 橋本靖
装飾: 小池直実
題字: 金田石城
録音: 柴山申広
助監督: 増田伸弥
プロダクション統括: 山田健一
監督補: 杉山泰一
出演: 織田裕二/豊川悦司/松山ケンイチ/鈴木杏/村川絵梨/佐々木蔵之介/林剛史/一太郎/粕谷吉洋/富川一人/戸谷公人/鈴木亮平/小林裕吉/中山卓也/風間杜夫/西岡徳馬/小林稔侍/中村玉緒/藤田まこと

『メイン・テーマ』『失楽園』『模倣犯』『阿修羅のごとく』の森田芳光監督が黒澤映画『椿三十郎』をオリジナル脚本をそのままにリメイク。まず観終わっての感想はオリジナルが観たいということだ。さすが不朽の名作と言われるだけ、物語、脚本が隅々まで良く練られた素晴らしいものだ。森田芳光は『家族ゲーム』や『間宮兄弟』も監督しているように、独特の間、笑いを生むことが上手い。本作でも脚本は同じであっても彼ならではのユーモアがオリジナルとは違って醸し出されているのではないかと思う。
次席家老・黒藤(小林稔侍)と国許用人・竹林(風間杜夫)の汚職を暴こうと大目付・菊井(西岡徳馬)に届け出た若侍9人。だが菊井は黒藤とグルだったために若侍達は古い社殿に集められはめられようとしていた。そこに居合わせた素浪人(織田裕二)が、後に椿三十郎と名乗る男で、菊井が黒幕で、届出を撥ね付けた初代家老・睦田(藤田まこと)が正しいと言い放つ。最初は信じなかった若侍達も社殿を囲まれた今は、信じたくなくても菊井が悪だったことは明白。もはやこれまでと言うところだが、素浪人がたった一人で蹴散らしてくれた。とりあえず隠れおおせた若侍達だが、いかにも頼りなげな彼らを放って置けないのが椿三十郎である。悪事は睦田の行ったところと罪をなすりつけようとする黒藤等は、睦田一家を監禁し、自白を取ろうとしていた。考えなしの井坂伊織(松山ケンイチ)等若侍が窮地を作っては、機転と豪剣で彼らを救い、逆に黒藤等を追い詰めていく。菊井の腕利き使い手の室戸半兵衛(豊川悦司)に認められ、いつでも訪ねて来いと言われた立場を上手く利用し、スパイ的な要素もあり実に面白い。
キャスティングも良かったと思う。悪だがちょっとお間抜けな黒藤と竹林に小林稔侍と風間杜夫、能天気な睦田の夫人と娘に中村玉緒と鈴木杏。彼らは地でいける人たちだけにはまり役。ラストに決闘が待っている敵であり宿命のライバル・室戸半兵衛はもちろん大切な役。豊川悦司は、菊井に仕えながらもリスペクトなく己の野望が見え隠れするキャラクターを演じ切り、見事ラストで三十郎に切り殺された。忘れてはいけないのが、押入れ侍・木村である。監禁されている身で、押入れから出たり、自分から押入れに戻ったりと、三十郎はいい人だとどうしても口を挟みたいとってもいい人、木村である。佐々木蔵之介が上手く演じていた。一人たりとも無駄なキャラクターはいないし、魅力ある者ばかりだ。是非是非オリジナルの『椿三十郎』を観て比べてみたい。オリジナルの三船敏郎はちらちら見かけるが、彼の風格は凄い。だが、織田裕二はこの時38歳。三船敏郎の当時年齢とは3歳程しか違わないという。織田裕二が若く見えるのか、三船敏郎が老けて見えるのかおそらく両方だと思うが、全くもって驚きである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック