新選組

新選組(2000/日本)
評価(お奨め度)★★★★★
監督: 市川崑
プロデューサー: 松前洋一/松下千秋/鶴間和夫
企画: 久板順一朗
原作: 黒鉄ヒロシ
脚本: 佐々木守/市川崑
原画: 黒鉄ヒロシ
撮影: 五十畑幸勇
美術: 櫻木晶
編集: 長田千鶴子
音楽: 谷川賢作
ナレーター: 江守徹
照明: 下村一夫
録音: 斉藤禎一
助監督: 手塚昌明
声の出演: 中村敦夫/中井貴一 原田龍二/うじきつよし/石倉三郎/石橋蓮司/石坂浩二/鶴間太郎/清末裕之/川崎博司/井上浩/田辺年秋/小林一帥/萬田久子/清水美砂/岸田今日子/山崎和佳子/永妻晃/保木本竜也

『犬神家の一族』『ビルマの竪琴』『天河伝説殺人事件』『竹取物語』の市川崑監督。紙芝居アニメなので絵的に描写出来ることは少なく、その分ナレーションによる状況説明が必要となる。奥行きのある立体紙芝居は、江守徹のナレーションとその平面的な紙への照明加減によって、表情に動きがあるように見える。黒鉄ヒロシが描いたその人物画をそのまま動かすだけなのであるが・・。幕末の京都・池田屋で談義中の尊譲派志士たちが襲撃された事件、池田屋騒動から倒幕軍に京都で破れ、江戸で潔く投降の上、斬首された近藤勇(中村敦夫)と沖田総司(原田龍二)が肺結核で倒れるまでの新撰組を描く。士道に背くまじ、脱局を許さず、勝手に金策、闘争はならずとの“局中法度”に関わる粛清の様子や、京都守護警備の働きを評価されて裕福にも女郎遊びに興じる様子や、隊員内の金策、分配の問題等彼らの生活も良く描けている。勤皇派“御陵衛士隊”結成、新撰組から分裂した伊東甲子太郎(石坂浩二)が油小路で殺され事件や、脱局した副局長の山南敬助(うじきつよし)が捕らえられ切腹させられたこと、局長を務めながらも局中法度を無視するかのような横暴さを見せた芹沢鴨(石倉三郎)の寝込みを襲い殺害した内部のいざこざなども描かれる。山南敬助も伊東甲子太郎は北辰一刀流。特に山南敬助は坂本龍馬と同じあの千葉道場出身である。そんな人間を殺そうとするのだから酔わせたり寝込みを襲ったりということが必要となる。芹沢鴨は北辰一刀流と並ぶ江戸三大道場の流派、神道無念流。近藤勇と土方歳三(中井貴一)は幼馴染のようなもの、加えて沖田総司も3人は天然理心流。そんな武芸達者同士だとやるやられるといった緊迫感も生半可でないが、市川崑監督はそれを見事に表現している。
近藤勇は享年35歳であったというが、これまでのドラマ、劇からごつげで凄い風格を持つイメージだ。そんな近藤勇のいかつい画の他、イメージより外れることのない、ちょっぴり劇画調でちょっぴり愉快な黒鉄ヒロシのキャラクター画が素晴らしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック