プレデター2

プレデター2(1990/アメリカ)
PREDATOR 2
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: スティーヴン・ホプキンス
製作: ローレンス・ゴードン/ジョエル・シルヴァー/ジョン・デイヴィス
製作総指揮: マイケル・レヴィ/ロイド・レヴィン
脚本: ジム・トーマス/ジョン・C・トーマス
撮影: ピーター・レヴィ
特撮: スタン・ウィンストン
編集: マーク・ゴールドブラット
音楽: アラン・シルヴェストリ
出演: ダニー・グローヴァー/ゲイリー・ビューシイ/ルーベン・ブラデス/マリア・コンチータ・アロンゾ/ビル・パクストン/ロバート・ダヴィ/ケント・マッコード/モートン・ダウニー・Jr/ケヴィン・ピーター・ホール/アダム・ボールドウィン/カルヴィン・ロックハート/スティーヴ・カーン/リリアン・ショーヴァン/ヘンリー・キンジ

『ブローン・アウェイ/復讐の序曲』『ゴースト&ダークネス』『ロスト・イン・スペース』のS.監督。今度プレデターはジャングルではなく、大都市ロサンゼルスで人間狩りを行う。今日TVで『ハードネス』を観たのだが、その映画でボディーガード役で出ていたR.ダヴィが主役のマイク・ハリガン警部補(D.グローヴァー)の上司フィル・ハイネマン市警部長役で出ていたのに気が付いた。『ハードネス』をタイムリーに観ていなければ殆ど目にとまらなかっただろう。麻薬組織を捜査中に彼ら組織が無残に殺される惨劇が次々起こる。それは異星人プレデターの人間狩りの獲物となった結果だった。いったい何が起こっているのか分からないマイク達。そしてマイク長年の相棒ダニー(R.ブラデス)も餌食となってしまう。彼が死んだまま握りしめていた槍先のようなものは地球上に存在しない金属と判明。そんな状況の中、調査官としてやってきたキース(G.ビューシイ)は実に怪しい。食肉工場で何か企んでいるらしい。一方、地下鉄内で一般人もターゲットとなる惨劇。レオナ(M.コンチータ・アロンゾ)の相棒ジェリー(B.パクストン)も餌食となってしまった。業を煮やして食肉工場へ行ったハリガン。そこで、前作のジャングルで起こったプレデター事件以来プレデターを追跡。彼らが人間狩りをしていること、目が見えないが、赤外線を探知し熱で見ていることなどを突き止めていた。そこで仕掛けたプレデター捕獲のトラップ。熱線遮断スーツで見えていないと思っていたが、そんなに甘くは無かった。結局プレデターの前に全滅という時、ハリガンのやけっぱちの攻撃でプレデターに弾を撃ちこみ倒すことに成功。なのに、どどめを刺さずに近づいて「醜い野郎だ」なんて油断して正体確認なんてしているから形勢逆転されて、死ななくて済んだだろうキースも死んでしまった。なんとかプレデター1匹に勝利し、他のプレデターに優者と認められ、一丁の拳銃を渡されるハリガン。詰めの甘さは評価上減点にはならなかったのだろうか?
前作ではアーノルド・シュワルツェネッガーが鍛えぬいた体でなんとかプレデターに対抗した。しかし、D.グローヴァーではいかにも運動能力が貧相過ぎる。せめて知的な戦闘を見せて欲しかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック