三大怪獣 地球最大の決戦

三大怪獣 地球最大の決戦(1964/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 本多猪四郎
製作: 田中友幸
脚本: 関沢新一
撮影: 小泉一
美術: 北猛夫
編集: 藤井良平
音楽: 伊福部昭
アクション: 中島春雄(ゴジラ)
特技・合成: 向山宏
特技・撮影: 有川貞昌/富岡素敬
特技・美術: 渡辺明
特技監督: 円谷英二
出演: 夏木陽介/小泉博/星由里子/若林映子/ザ・ピーナッツ/志村喬/伊藤久哉/平田昭彦/佐原健二/野村浩三/三浦敏男/古谷敏/英百合子/高田稔/加藤春哉/天本英世/松本染升/大村千吉/沢村いき雄/黒部進/伊吹徹/田島義文

シリーズ第5作目は本多猪四郎が『モスラ対ゴジラ』に続いて監督。宇宙怪獣キングキドラが地球を攻撃にやって来た。8つの頭と3つの頭という違いはあるが、いつもヤマタノオロチをイメージする体には大きな翼と2本の尾、金色の鱗が覆うあの怪獣だ。隕石のような卵からキングキドラがついに生まれる。一方、サルノ王女(若林映子)に執りついた金星人はキングキドラによる地球危機を予言する。行方不明となった王女を追跡捜査していた進藤(夏木陽介)と彼の妹・直子(星由里子)は金星人という女性が王女を暗殺しようとする一味に襲われたことから、彼女が王女だということを知る。王女を救ったのは『モスラ対ゴジラ』で活躍したモスラとテレパシー交信が出来る小人(ザ・ピーナッツ)である。呼び寄せられるようにゴジラとラドンも現れて日本はどうなるのか。小人はこの危機にモスラを呼び寄せる。二匹いたモスラは一匹だけになったということだ。日本にやって来たモスラはキングキドラに立ち向かうために力を合わせるようゴジラとラドンを説得し始める。だが、ゴジラらは「いつも我々をいじめてきた人類を守る必要はない」と拒否していると小人達は怪獣の会話を通訳する。ここの場面はちょっとこっ恥ずかしい。そのまま会話を伝えるのでなくざっとした状況説明だけで良かったのに・・。最初はモスラの言うことを聞かなかったゴジラ等も、キングキドラに太刀打ち出来ないとなるとそれぞれの武器を生かした協力をし始める。ラドンが糸を吐くモスラを背負って飛んだりする。いじめられたキングキドラは宇宙へ逃げ帰っていく。怪獣騒ぎで王女の暗殺を企てていた一味も死んでしまった。王女の記憶も戻り国に帰ろうという時、進藤への淡い恋心を述べて帰っていく。『ローマの休日』のアン王女のように。
本作で壊されるお城は松本城。キングキドラ飛行による風で壊される。おやきを買って観光したが、黒壁のカッコいい城だった。名城100に選ばれている城だが当時まだスタンプを集めていなかった。またスタンプを押しに行かなければいけない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック