ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★★★
監督: 山崎貴
製作: 三浦姫/亀井修/島谷能成/平井文宏/島本雄二/西垣慎一郎/大月昇/島村達雄/高野力
プロデューサー: 安藤親広/山際新平/高橋望
エグゼクティブプロデューサー: 阿部秀司/奥田誠治
原作: 西岸良平『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)
脚本: 山崎貴/古沢良太
撮影: 柴崎幸三
美術: 上條安里
編集: 宮島竜治
音楽: 佐藤直紀
主題歌: BUMP OF CHICKEN『花の名』
VFX: 山崎貴
VFXディレクター: 渋谷紀世子
音響効果: 柴崎憲治
照明: 水野研一
装飾: 龍田哲児
録音: 鶴巻仁
助監督: 川村直紀
出演: 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/須賀健太/小清水一揮/マギー/温水洋一/神戸浩/飯田基祐/ピエール瀧/小木茂光/小日向文世/吹石一恵/福士誠治/貫地谷しほり/藤本静/浅利陽介/小池彩夢/平田満/浅野和之/渡辺いっけい/手塚理美/上川隆也

『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編となる本作は2007年日本アカデミー賞主演男優賞(吉岡秀隆)、録音賞(鶴巻仁)を受賞。吉岡秀隆が演じるは前作で見えない指輪をヒロミ(小雪)にはめた茶川竜之介である。なかなか芽が出ないだめだめ作家も板に付き、いつもわざとらしいと思える演技もコミックでイメージが出来上がっている役を演じるなら全く問題はない。監督は前作に引き続き、『Returner リターナー』の山崎貴。鈴木オートの面々も則文(堤真一)やトモエ(薬師丸ひろ子)、もちろん六ちゃんこと堀北真希もいる。暖かい家族に新しいメンバーが加わる。一平(小清水一揮)のはとこに当たる美加(小池彩夢)である。最初はツンケンしていた美加が鈴木家の愛に次第に打ち解けていい子になることに感動を覚える。お父さん(平田満)が迎えに来て去っていく寂しい場面。一平のお嫁さんになるという言葉を残していく美加ちゃんはかわいい。そして一平を元気づけるために六ちゃんが一家を東京タワーに連れて行く。今回は東京タワーよりは日本橋を思い出の場所としてポイントアップしており時々出てくる場所である。アクマこと宅間先生(三浦友和)の乗るバイク。ラビットジュニアと言うらしいが、鈴木オートの自動三輪ミゼット等と共に色々な乗り物が登場して当時の世界を彩る。
本筋と言える茶川がヒロミを迎えるために芥川賞を目指して頑張る話。賞は獲れないが夕日町三丁目のみんなの心に響く作品を執筆した。ヒロミへの熱い思いを描いた物語を胸に彼女は戻ってくる。日本橋で夕日を見つめる茶川とヒロミと淳之介(須賀健太)には、お金より大切なものを得た幸せの顔があった。
映画オープニングシーンにはニンマリ。ゴジラの来襲に必死でミゼットに乗って逃げる鈴木則文の姿が・・。最近ケーブルTVのゴジラ特集を観ているところなのでタイムリーで喜んだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック