怪談

怪談(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 中田秀夫
製作: 松本輝起/北川淳一/稲田浩之/久松猛朗/千葉龍平/沼田宏樹/亀山慶二/中村邦彦/喜多埜裕明
プロデューサー: 一瀬隆重
製作総指揮: 迫本淳一
原作: 三遊亭円朝『真景累ケ淵』(岩波文庫刊)
脚本: 奥寺佐渡子
撮影: 林淳一郎
特殊効果: 岸浦秀一
視覚効果: 橋本満明
美術監督: 種田陽平
編集: 高橋信之
音楽: 川井憲次
音楽プロデューサー: 慶田次徳
主題歌: 浜崎あゆみ『fated』
アートディレクター: 矢内京子
サウンドエフェクト: 柴崎憲治
衣裳デザイン: 黒澤和子
殺陣: 高瀬将嗣
照明: 中村裕樹
整音: 柿澤潔
装飾: 赤塚佳仁
特殊造型: 松井祐一
録音: 野中英敏
助監督: 佐伯竜一
出演: 尾上菊之助/黒木瞳/井上真央/麻生久美子/木村多江/瀬戸朝香/津川雅彦/榎木孝明/六平直政/光石研/清水ゆみ/広田レオナ/西野妙子/柳ユーレイ/村上ショージ/一龍斎貞水

『女優霊』『リング』『リング2』『カオス』『仄暗い水の底から』の中田秀夫監督。『ザ・リング2』でハリウッド監督デビューも果たし、最近では『L change the WorLd』を監督したことでも話題となっている。その中田秀夫監督がジャパニーズ・ホラーの古典を手がける。『仄暗い水の底から』でも主演を務めた黒木瞳が主人公の新吉(尾上菊之助)を死んでなお執拗にとりつく豊志賀を演じる。身持ちが堅いと言われていた豊志賀が年下の新吉といい仲になってからは、三味線の師匠としての評判を落としていく。嫉妬深くなっていく豊志賀に、行く先の不安を感じた新吉が別れ話を持ち出すが逆上した豊志賀との言い争いの小競り合いの中、三味線の撥で豊志賀の顔が傷付き、以降傷は治るどころか日に日に晴れ上がる。まるでお岩さんのような話である。ついに病状悪くして死んでしまった豊志賀が新吉に残した言葉「この後女房を持てば必ずや取り殺すからそう思え」の通り恐ろしいことが新吉に巻き起こる。こんなことを言われて普通は女房などなかなか持てようはずはないが、そこは男である上、美しい顔立ち故女性に言い寄られる性とそんなことはよもやないだろうとの安易な考えもあり、慕ってくれるお久(井上真央)と一緒に江戸を出ることにする。とうとう呪いの始まりである。豊志賀の影に怯える二人、ついに恐怖のあまり間違って新吉はお久を鎌でもって殺してしまう。この時点で女性をめとることはないはずだが、新吉は懲りもせず、またまた自分を慕うお累(麻生久美子)を女房にしてしまう。子供も授かる新吉だったが豊志賀の言葉通り身を落としお久、遂には妻と子供も殺めた下手人として追い詰められる。因縁の累ケ淵にて豊志賀にいとおしげに自らの頭を抱えられる新吉。互いの親、深見新左衛門(榎木孝明)、皆川宗悦(六平直政)の因縁はここに終結した?・・。おとなしく優しい男が女に言い寄られるだけの魅力を出すことは難しい。そこに歌舞伎俳優の尾上菊之助を起用したのは間違いではないと思う。クライマックスの殺陣シーンも上手さは必要なく、妖艶さを出せればいいのだから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック