ピースメーカー

ピースメーカー(1997/アメリカ)
THE PEACEMAKER
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: ミミ・レダー
製作: ウォルター・F・パークス/ブランコ・ラスティグ
製作総指揮: マイケル・グリロ/ローリー・マクドナルド
共同製作総指揮: ジョン・ウェルズ
脚本: マイケル・シファー
撮影: ディートリッヒ・ローマン
音楽: ハンス・ジマー
出演: ジョージ・クルーニー/ニコール・キッドマン/マーセル・ユーレス/アレクサンダー・バルエフ/アーミン・ミューラー=スタール/レネ・メドヴェセク/ランダル・バティンコフ/マイケル・ボートマン/ゴラン・ヴィシュニック

劇場まで観に行ったのだが、NHK・BSで放映していたので再鑑賞。ちょっとずるをして以前書いたコメントをそのまま引用。
『ペイ・フォワード/可能の王国』『ディープ・インパクト』の監督M.レダーの作品。クライマックスのニューヨークにおけるテロリストのボスニア人デューサン(M.ユーレス)を追跡するシーンのテンポ、スピード感はあった。敵役には、ニューヨークの街を核爆弾で吹っ飛ばそうと企みは被害規模の大きい非道なテロ活動のため同情など出来ないはずである。だが、デューサンは♪ショパン「ノクターン第20番」♪等を弾き、家族を失った悲劇的背景をもってして悲哀を訴えかけようとする。女性監督だからか、アクションの中に情を持ち込もうとする。その結果中途半端な敵役になってしまった。挙句の果てには追い詰められてあっさり自殺する。後は残されたデヴォー大佐(G.クルーニー)とケリー博士(N.キッドマン)人で行うありきたりの爆弾処理となってしまった。犯人グループが残した44Eという暗号から次々と犯人の計画を突き止めていくケリー。ターゲットがニューヨークだったのだ。頭は切れるようであるが、一つだけ納得いかない。強引に押し入ってコンピューターファイルから盗みだした取引経歴の印刷物。追っ手から逃げるも車が爆発。間一髪で車から逃げようとする時、ケリーは印刷物を取ろうとするがデヴォー大佐に「構うな!」と制止させられる。しかし、その後ケリーは「メール送付していたの」と車と共に燃えたはずの盗み出したファイルをノートパソコンで見ているのである。なんじゃそりゃ、メールで既に送っていたのなら印刷物には構うなと言いたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック