スウィングガールズ

スウィングガールズ(2004/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 矢口史靖
製作: 亀山千広/島谷能成/森隆一
プロデューサー: 関口大輔/堀川慎太郎
エグゼクティブプロデューサー: 桝井省志
企画: 関一由/藤原正道/千野毅彦
脚本: 矢口史靖
脚本協力: 矢口純子
撮影: 柴主高秀
美術: 磯田典宏
編集: 宮島竜治
音楽: ミッキー吉野/岸本ひろし
照明: 長田達也
録音: 郡弘道
助監督: 片島章三
出演: 上野樹里/貫地谷しほり/本仮屋ユイカ/豊島由佳梨/平岡祐太/あすか/中村知世/根本直枝/松田まどか/水田芙美子/関根香菜/辰巳奈都子/中沢なつき/前原絵理/長嶋美紗/あべなぎさ/金崎睦美/竹中直人/白石美帆/小日向文世/渡辺えり子/谷啓/金子莉奈/桜むつ子/眞島秀和/三上真史/福士誠治/高橋一生/田中要次/徳井優/木野花/大倉孝二/西田尚美/菅原大吉/谷本和優/小形雄二/江口のりこ/佐藤二朗/森下能幸/宝井誠明/坂田聡/岩佐真悠子/森康子/林田麻里/武田祐子

『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督による、今度はスウィング・ジャズに打ち込む高校青春グラフティ。2004年日本アカデミー賞脚本賞(矢口史靖)、音楽賞(岸本ひろし、ミッキー吉野)、録音賞(郡弘道)、編集賞(宮島竜治)、新人俳優賞(平岡祐太、上野樹里)を受賞している。スウィングといえば一度ニュー・グレン・ミラー・オーケストラに行った事があるが、♪イン・ザ・ムード♪でまず幕が上がり、♪A列車で行こう♪、♪ムーンライト・セレナーデ♪等軽快でノリノリ音楽をコンサートで直に聴くと鳥肌もので興奮した。これらは本作中でも演奏される。
13人の落ちこぼれ女子高生達は自分達が運んだ弁当で吹奏楽部を食中毒の入院送りとしてしまった。野球部の応援の必要性と補習をサボりたい落ちこぼれ達は急遽ブラスバンドを作ることとした。メンバーは13人プラス、リコーダーだけ、ギターだけ、ベースだけしか演奏できない3人と、たった一人食中毒の難を逃れた拓雄(平岡祐太)だ。17人では少ないと演奏するのはスウィング・ジャズ。そりゃ、演奏する楽しみ知ってしまえば、本物の吹奏楽部が戻ってきて代打の用済みとなってもバンドはやりたいわな。ジャズとはいっても、グレン・ミラー・オーケストラのようなビッグ・バンドがやるのはセンスだけでなくオケの迫力が加味される。そこに彼女達は魅了されたのだ。隠れジャズ・ファンの数学教師が出来の悪い生徒達を鍛え上げていく。教師を演じるのが竹中直人。『ウォーターボーイズ』でも竹中直人が男子生徒にシンクロをコーチしていた。またかと思うが彼の専売特許と言える。はちゃめちゃな先生に導かれユニークに描くのが矢口史靖監督の手法。東北かどっかの田舎の素朴な高校生とジャズのギャップも面白かった。
余韻に浸ろうとグレン・ミラーのCDを聴いている。今♪茶色の小瓶♪だ。今日はスウィングしながら眠りに就こう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スウィングガールズでの岩佐真悠子

    Excerpt: 岩佐真悠子ちゃんは、話題になった映画「スウィングガールズ」にも出演していました。岩佐真悠子ちゃんは、ホルンが吹けるそうなのですが、ビッグバンドにはホルンがなかったような…。スウィングガールズには違う楽.. Weblog: 岩佐真悠子 画像動画 情報 racked: 2008-12-10 09:49