真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 平野俊貴
製作プロデューサー: 飛田野和彦/加藤友誠
製作総指揮: 井本満/堀江信彦
原作: 武論尊/原哲夫「北斗の拳」
脚本: 堀江信彦/鴨義信/真辺克彦
撮影監督: 佐藤正人
美術監督: 吉原俊一郎
編集: 田熊純
音楽: 梶浦由記
アニメーションプロデューサー: 吉岡昌仁
キャラクターデザイン: 佐藤正樹
制作: トムス・エンタテインメント
総作画監督: 佐藤正樹
特別制作協力: 北条司(レイナキャラクターデザイン)
声の出演: 阿部寛/宇梶剛士/石田ゆり子/角田信朗/柴咲コウ/浪川大輔/坂本真綾/郷里大輔/堀内賢雄/宝亀克寿/檜山修之/大塚周夫

『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』に続く、いよいよ兄ラオウと弟ケンシロウの対決である。ケーブルTVでの鑑賞であるが、オリジナルビデオ版の「真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝」「真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝」も放映されたため一挙に鑑賞。ラオウ役の宇梶剛士、レイナ役の柴咲コウの声はあいかわらず違和感あるが、『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』から慣れが生じてきたのかましに感じた。哀れみを持って人民のために闘う漢(おとこ)ケンシロウに対比して、覇権を持ってして世の統一を図ろうとするラオウを正当化して描いている。コミックの時からこの物語は、サウザーにしても、シンにしても拳を交えた後には、どれだけ民衆を苦しめた人間であったとしてもなんとなく正当化され、ケンシロウには強敵(とも)と言わしめる。人々を恐怖せしめ、傲慢にも命を奪っていった人間に正当化はありえない。「北斗の拳」は面白く好きな漫画であったがここの部分に合点がいかなかった。悪は許されるものではない。もともといなかったレイナというキャラを作ってまでラオウをヒーロー化するのはいかがなものか。それ故にラオウの「我が生涯に一片の悔いなし」との言葉も、格好のいい言葉だけに、ラオウではなく他のキャラクターに言って欲しかった。トキ(堀内賢雄)でも、シュウでも良かった。本作では慈母星にて南斗最後の将としてユリア(石田ゆり子)が登場。最後の将に欠かせないのが南斗五車星であるのだが、山のフドウ(郷里大輔)に海のリハク(宝亀克寿)、炎のシュレン(檜山修之)が出たのみ。シュレンなんていきなりラオウにやられる場面からの登場で可哀想であった。やはり風のヒューイと雲のジュウザも見たい。ヒューイはちらっと出ていたような気もするが全く印象なし。『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』でサウザーの部分はやったのだからそこの部分はさらりと流してでも入れていくべき。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック