西遊記

西遊記(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 澤田鎌作
製作: 亀山千広
プロデューサー: 小川泰/和田倉和利
プロデュース: 鈴木吉弘
エグゼクティブプロデューサー: 清水賢治/島谷能成/飯島三智
企画: 大多亮
脚本: 坂元裕二
撮影: 松島孝助
特撮監督: 尾上克郎
美術: 清水剛
音楽: 武部聡志
主題歌: MONKEY MAJIK『Around The World+GO!空』
照明: 吉角荘介
録音: 滝澤修
出演: 香取慎吾/深津絵里/内村光良/伊藤淳史/水川あさみ/大倉孝二/多部未華子/谷原章介/三谷幸喜/相築あきこ/南原清隆/草なぎ剛/猫ひろし/倖田來未/小林稔侍/鹿賀丈史/岸谷五朗

監督はTVシリーズ「西遊記」の他に「不機嫌なジーン」「HERO」「ガリレオ」「踊る大捜査線」の演出を手がけてきた澤田鎌作。 
TVドラマシリーズの夏目雅子、堺正章、西田敏行、岸部シローの布陣には遥かかなわないのはしかたないが、あまりに軽すぎる。三蔵法師の深津絵里は頑張っていたけど・・。あと、金閣や銀閣等の悪役も上記ドラマシリーズで生真面目に演じていたわけではなく、楽しんで演じている中に上手さがあった。だが、そんな雰囲気のあるのは沙悟浄役の内村光良のみ。孫悟空の香取慎吾は力入りすぎだし、猪八戒の伊藤淳史は真面目すぎ。ニセ悟空を演じていた南原清隆にやらせてもいいのではないかと思う。ニセ悟浄、ニセ八戒を演じていた草なぎ剛、猫ひろしはダメだが。ついこの前までやっていたTVドラマ「ヤスコとケンジ」の多部未華子が砂漠の国虎誠の王女・玲美役で出ていたことは自分にはタイムリーでみっけもんだった。
虎誠国を苦しめているのがあの絶体妖怪・金角大王(鹿賀丈史)と銀角大王(岸谷五朗)。西遊記には欠かせない悪役だ。銀角を追いかける時、ついに觔斗雲の登場なのだが、それが葉っぱの形状なのはいただけない。名前が雲というだけに雲であってほしい。また、子供向けになっているのだろうか。大人にも観てもらおうというのであれば、もっともっとマニアな作りに拘って欲しい。金角とのバトルなんてあっさりし過ぎだ。
三蔵法師が吸い込まれていた燃え盛る瓢箪の火を消すべく、老子(大倉孝二)がホースで「消火」というシーンは笑えた。如意棒で突かれる銀角が瞬間移動で「ばか、ば~か」と言いながらかわすシーンも笑えた。そうやって進む金角と銀角との戦いは、悟空達の力だけでなく、国の兵士に金角、銀角に立ち向かうよう勇気を持たせるというコテコテのパターンに落ち着くのだが、それも西遊記なのだから当然だろう。そうやって万事終わり平和になって、呪いが解けていよいよ亀から元の姿に戻った国王が三谷幸喜というのにはガクッときた。これもジョークなのだろう。
それにしても、“なまか”という言葉を連発するのはやめて欲しい。照れ隠しのようなセリフだが逆に恥ずかしい。普通に「仲間」と言ってくれればいい。
主題歌はMONKEY MAJIKの♪Around The World+GO!空♪。好きな曲なのだが、TVでの鑑賞だったのでエンドクレジットはすぐ切られてしまって余韻に浸れず残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 猫ひろし、トライアスロン国際大会で6位入賞

    Excerpt: 猫ひろし(32)が21日にカンボジア・シェムリアップ州で行われた「アンコールワット国際トライアスロン大会」に出場し、日本人部門1位、総合6位入賞を果たした Weblog: お笑い生活のススメ! racked: 2010-03-23 13:10