ぷりてぃ・ウーマン

ぷりてぃ・ウーマン(2002/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 渡邊孝好
製作: 鈴木光
プロデューサー: 藤田義則/原田文宏/渡辺正子
企画: 鈴木光
脚本: 高橋美幸/真崎慎
撮影: 安田圭
美術: 金田克美
編集: 奥原茂
音楽: 佐橋俊彦
音楽プロデューサー: 長崎行男
照明: 金沢正夫
録音: 宮本久幸
出演: 淡路恵子/風見章子/正司照枝/草村礼子/絵沢萠子/イーデス・ハンソン/馬渕晴子/岸部一徳/風吹ジュン/西田尚美/新晋一郎/斉藤洋介/竹井みどり/すまけい/蛭子能収/高橋ひとみ/山田隆夫/高田聖子/佐藤允/土屋久美子/風見しんご/津川雅彦/益岡徹/市川実日子/山田邦子/ミッキー・カーチス/秋野太作/鈴木正幸/金子貴俊/出川哲朗/チューヤン

『ボクが病気になった理由』『エンジェル 僕の歌は君の歌』『居酒屋ゆうれい』『ショムニ』の渡邊孝好監督が、実在の“ほのお”というおばあちゃんによる劇団をモデルにした話で、無難に暖かく作りあげた映画である。公民館で井戸端会議をしているおばあちゃん達に市福祉課職員・鮫島(益岡徹)は市民サークルの日に“ともしび会”にも何か出し物をとお願いにくる。そんな折、ともしび会のしっかり葵ばあちゃん(淡路恵子)の森下家では、シナリオライターを目指し上京していた加奈子(西田尚美)が戻ってきていた。加奈子の持って帰ったシナリオを目にした葵ばあちゃんはともしび会で芝居をやろうと持ちかける。やる気になったばあちゃん達。加奈子の演出で練習をするも、歳は高齢。そんなに簡単なものじゃない。台詞が覚えられないばあちゃん(馬渕晴子)に他のばあちゃんから(風見章子、 正司照枝、イーデス・ハンソン等)は、覚えられなければカットすればいいとか、この台詞は演じてみるといらない気がすると言い出す始末。作品をむちゃくちゃにされる加奈子のプライドはぼろぼろ。葵ばあちゃんには「あんたは前から中途半端」とも言われてしまう。へそを曲げていた時、公民館で同じセリフを夜中に一生懸命練習するばあちゃんの姿を目撃する。やる気になっっているばあちゃんと再び公演を目指すことで再びチャレンジ精神を取り戻していく。自分ちのばあちゃんが芝居に打ち込むことに恥ずかしく、また、生活のリズムを崩される家族は反対の気持ちだったが、芝居を見て感動の拍手を送らざるを得なかった。森下家では隆太郎(岸部一徳)がリストラされたとの一大事だったが、そんなこともういいわといえる状態にまで感動、そして前向きにさせた芝居であった。 素人が芝居をするという芝居をしなければならない役だったが、淡路恵子、正司照枝、イーデス・ハンソン等は本当に下手なのかは分からないが、この演技は上手かった。『8月のクリスマス』『電車男』『ハチミツとクローバー』の西田尚美は今までで一番良かった。一番かわいく見えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック