あずみ2 Death or Love

あずみ2 Death or Love(2004/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 金子修介
プロデューサー: 山本又一朗/中沢敏明
企画: 濱名一哉
原作: 小山ゆう『あずみ』(小学館『ビッグコミックスペリオール』連載)
脚本: 水島力也/川尻善昭
撮影監督: 阪本善尚
美術: 稲垣尚夫
編集: 掛須秀一
音楽: 川村栄二
アクションディレクター: 中村健人
ポストプロダクションスーパーバイザー: 篠田学
ラインプロデューサー: 大里俊博/青木弥枝美
企画協力: 古賀誠一
共同プロデューサー: 佐谷秀美
照明: 大久保武志
製作統括: 近藤邦勝/森隆一/亀井修/島谷能成/高野力/宮下昌幸/加藤鉄也/坂上直行
録音: 小原善哉
助監督: 西山太郎
出演: 上戸彩/石垣佑磨/栗山千明/小栗旬/北村一輝/遠藤憲一/宍戸開/坂口拓/謙吾/増本庄一郎/伊藤俊/武智健二/渕野俊太/野村祐人/前田愛/根岸季衣/永澤俊矢/神山繁/高島礼子/平幹二朗


『DEATH NOTE デスノート 前編』『DEATH NOTE デスノート the Last name』、『ガメラ 大怪獣空中決戦』『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』等ガメラシリーズ、『恋に唄えば♪』の金子修介監督による「がんばれ元気」「おれは直角」「お~い竜馬!」の小山ゆう原作の同名人気コミックを映画化した『あずみ』の続編。前作は金子修介ではなく、『スカイハイ [劇場版]』『ゴジラ FINAL WARS』の北村龍平が監督であった。
小幡月斎によって育てられたあずみ(上戸彩)は凄腕の刺客。徳川の刺客として浅野長政、加藤清正を暗殺し、同じく月斎に育てられたながら(石垣佑磨)と共に次に狙うは真田幸村(永澤俊矢)の父・昌幸(平幹二朗)である。南光坊天海(神山繁)の元に立ち寄ってからは、彼に仕える伊賀忍者・服部半蔵(宍戸開)の部下こずえ(栗山千明)と旅を共にする。だが、こずえは昌幸に仕える上野甲賀忍者衆・空如(高島礼子)の放っていたスパイだった。味方だと油断しているながらは彼女に殺される。このあと結局あずみが昌幸を顔面真二つに切り殺すのである。その途中、空如に仕える切れ味鋭い糸を操る土蜘蛛(坂口拓)と大ギロチンをブーメランのように振り回す六波(謙吾)は強い。土蜘蛛はあずみが仕留めるも、六波と空如はあずみの幼なじみ・なち似の銀角(小栗旬)、金角(遠藤憲一)が犠牲となって相打ちでやっつける。一見必要ないように思われた金角らも意味があったのだ。なぜなら半蔵率いる伊賀忍者がしょぼいからである。禍根を断とうとしての昌幸狙いであったが大して徳川政権に危険は感じられず、刺客あずみも最後空しかった。せっかくであったなら徳川政権が実際に嫌がりそうな今にもやるようなうっとおしい存在として昌幸を描いて欲しかった。
最後に、栗山千明が『キル・ビル』で見せたような凄いアクションが今回見られない。それが残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック