ジュラシック・パーク

ジュラシック・パーク(1993/アメリカ)
JURASSIC PARK
評価(お奨め度)★★★★
監督: スティーヴン・スピルバーグ
製作: キャスリーン・ケネディ/ジェラルド・R・モーレン
原作: マイケル・クライトン
脚本: マイケル・クライトン/デヴィッド・コープ
撮影: ディーン・カンディ
特撮: デニス・ミューレン/スタン・ウィンストン/フィル・ティペット/マイケル・ランティエリ/ILM
音楽: ジョン・ウィリアムズ
出演: リチャード・アッテンボロー/サム・ニール/ローラ・ダーン/ジェフ・ゴールドブラム/アリアナ・リチャーズ/ジョセフ・マッゼロ/マーティン・フェレロ/ボブ・ペック/ウェイン・ナイト/サミュエル・L・ジャクソン/B・D・ウォン/ジェリー・モーレン/ミゲル・サンドヴァル/キャメロン・ソア

続編の『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『ジュラシック・パーク3』と違い、遥かに出来はいい。マイケル・クライトンの同名小説が原作である。原作では恐竜を現代に甦らせるための遺伝子工学による取り組みを詳しく描いており、そこがリアリティをもたらし面白くさせていた。恐竜を呼び物にしたアミューズメントパークで起こるパニック、こんな題材をS.スピルバーグが放っておくはずがない。島にジュラシック・パークを建設した大富豪ハモンド(R.アッテンボロー)の起業家としての夢や野望。恐竜学者グラント博士(S.ニール)と古代植物学者サトラー博士(L.ダーン)の長年のロマンを目の前の現実に出来たことによる探究心。予測出来ない一つの出来事から思いも寄らぬ事態へ流れていくのだというカオス理論を説明してみせる数学学者マルコム教授(J.ゴールドプラム)。彼らはそれぞれ重要なキャラクターを持っている。しかし、博士らと共に招かれたハモンドの孫レックス(A.リチャーズ)とティム(J.マッゼロ)。その内レックスの役割はティムに「コンピューターおたく」と言われるほどの能力で、最後にパークのセキュリティシステムを復旧させるのだ。専門家でも出来なかったことをヴェロキラプトルに襲われる中、簡単にやってのけるのは安直過ぎる。レックスに代表されるように人物描写の徹底がなされておらず、優れた原作が生かされていない。その一方で恐竜の映像、襲われる迫力は素晴らしい。次々に襲ってくるたたみかける危機により全く退屈させない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック