ダンテズ・ピーク

ダンテズ・ピーク(1997/アメリカ)
DANTE'S PEAK
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: ロジャー・ドナルドソン
製作: ゲイル・アン・ハード/ジョセフ・M・シンガー
製作補: ジョフ・マーフィ
製作総指揮: イロナ・ハーツバーグ
脚本: レスリー・ボーエム
撮影: アンジェイ・バートコウィアク
音楽: ジョン・フリッゼル
テーマ音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演: ピアース・ブロスナン/リンダ・ハミルトン/ジェイミー・レネー・スミス/ジェレミー・フォリイ/エリザベス・ホフマン/チャールズ・ハラハン/グラント・ヘスロフ/アラベラ・フィールド/ツィ・マー

『バウンティ/愛と反乱の航海』『追いつめられて』『カクテル』『ゲッタウェイ』『キャデラック・マン』『スピーシーズ/種の起源』『13デイズ』『リクルート』『世界最速のインディアン』のR.ドナルドソン監督。彼の作品はバランス良く興行的にもあまり失敗がない。  
主演の町長レイチェルを演じるL.ハミルトンは『ターミネーター』『ターミネーター2』の主役サラ・コナーを演じブレイクするかと思いきや、チャーリー・シーンと競演した『ザ・ターゲット』と本作ぐらいで意外と劇場公開の映画には出演していない。そんな彼女の数少ない出演映画で、CG等も多用したビジュアル的にはスケール大きい。だが、ストーリーはといえば、予兆はあったのに準備を怠りパニックに至るという毎度ながらの展開の上、描写はレイチェルの家族に絞られた小さいものとなってしまっている。レイチェルが治める村にある休火山ダンテズ・ピークが火山地質学者ハリー(P.ブロスナン)の調査によると噴火が近いという。ハリーの上司(C.ハラハン)に言っても、村の人たちも危険を重く見ない。ハリーはレイチェルに頼んで事態を説明すべく集会を開いた時火山が噴火してしまった。それ以降は、びっくり慌てて山のおばあちゃんの所に行っている子供たちを救いに行くのである。村長であり、事態を解明できる学者である二人が陣頭に立つことなく、レイチェル・ファミリー脱出のためだけに奔走する。村人は勝手に逃げて下さいといったところ。火山噴火のスペクタクルをCGで体験しましょうという映画だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック