ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005/アメリカ)
THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: アンドリュー・アダムソン
製作: マーク・ジョンソン
製作総指揮: アンドリュー・アダムソン/ペリー・ムーア/フィリップ・ステュアー
原作: C・S・ルイス
脚本: アンドリュー・アダムソン/クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー/アン・ピーコック
撮影: ドナルド・マカルパイン
クリーチャーデザイン: ハワード・バーガー
視覚効果スーパーバイザー: ディーン・ライト
特殊メイク: ハワード・バーガー
プロダクションデザイン: ロジャー・フォード
衣装デザイン: アイシス・マッセンデン
編集: シム・エヴァン=ジョーンズ/ジム・メイ
音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
クリエイティブスーパーバイザー: リチャード・テイラー
出演: ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージー・ヘンリー/ティルダ・スウィントン/ジェームズ・マカヴォイ/ジム・ブロードベント
声の出演: リーアム・ニーソン/ルパート・エヴェレット

『シュレック』『シュレック2』のA.アダムソン監督。もちろん第2弾『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』の監督も努めている。「指輪物語」と共にイギリス文学の大作ファンタジーである。原作者C.S.ルイスはオックスフォード大学で学んだらしい。J.R.R.トールキンとは友人だったらしい。ナルニア国物語は『不思議の国のアリス』や『ラビリンス/魔王の迷宮』『ネバーエンディング・ストーリー』等と同じく現実の世界からファンタジーの世界へ入っていくというパターン。本作では主人公であるピーター(W.モーズリー)、スーザン(A.ポップルウェル)、エドマンド(S.ケインズ)、ルーシー(G.ヘンリー)のペベンシー4兄弟が第二次世界大戦中の疎開先カーク教授(J.ブロードベント)宅の衣装だんすに入ってみると、なんとそこはナルニア国だったというお話。
ナルニア国は白い魔女(T.スウィントン)に支配された冬の時代となっていたが、言い伝えにある救世主となる4兄弟が衣裳だんすを越えて現れてから時代は動き始る。皆が待ち望むアスラン(L.ニーソン)も戻ってきた。アスランはナルニア国の希望の存在、所謂救世主。まさしくナルニア国のイエスと言える。アスランに導かれ、白い魔女との戦いを通して心の成長を遂げ、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーは予言に謳われた運命の通りそれぞれ英雄王、優しの君、正義王、頼もしの君となったところで終了する。第1章はと同じく舞台説明で終わるが、「指輪物語」と同じように次作、また次作とどんどん引き込まれていく事に期待する。だが「指輪物語」には現実の世界は描かれない。彼らのいる世界こそが現実なわけで外界は描かれない。だが、本作はカーク教授らがいる外界があるわけで、現実に時々戻ることになると思われる。
白い魔女軍の中に牛頭人身のミノタウルスがいる。ミノタウルスは、クレタ王がポセイドンに貢がなかったことから怒りを買い、ポセイドンが雄牛を使わせミノス王妃を誘惑、そして生まれたの怪物。有名な怪物が登場するのは嬉しいが、もっともっとインパクトあるキャラクターにして欲しい。他にも半人半馬のケンタウロスも登場。こちらは頭の方が人間であるため悪役ではなく、アスラン軍の方で描かれている。また、ルーシーがナルニアの世界で初めて得た友人タナムス(J.マカヴォイ)。タナムスさんは頭と胴体は人間、耳と足は鹿というフォーンである。フォーンは牧神ファウヌスの親類で豊穣を司る精霊だという。やさしきタナムスが4兄弟にどう絡むのか。『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムがそうであったようにタナムスはこのシリーズのイコン的な存在であろうと思われる。白い魔女の魔法から解き放たれいざ、第2章へ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック