タッチ

タッチ(2005/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 犬童一心
製作: 本間英行
プロデューサー: 山中和成
原作: あだち充『タッチ』(小学館/少年サンデーコミックス刊)
脚本: 山室有紀子
撮影: 蔦井孝洋
視覚効果プロデュース: 小川利弘
美術: 小川富美夫
編集: 普嶋信一
音楽: 松谷卓
主題歌: YUKI「歓びの種」
挿入歌: ユンナ「タッチ」「夢の続き」
VFXスーパーバイザー: 坂美佐子/荒木史生
VFXディレクター: 太田垣香織
照明: 疋田ヨシタケ
製作統括: 島谷能成/亀井修/奥野敏聡/平井文宏
録音: 矢野正人
助監督: 熊澤誓人
出演: 長澤まさみ/斉藤祥太/斉藤慶太/RIKIYA/平塚真介/上原風馬/安藤希/福士誠治/風吹ジュン/若槻千夏/徳井優/山崎一/高杉亘/渡辺哲/生田智子/本田博太郎/小日向文世/宅麻伸

『黄泉がえり』『ロボコン』『深呼吸の必要』『世界の中心で、愛をさけぶ』『涙そうそう』に続いて長澤まさみ映画6つ目の鑑賞。『ジョゼと虎と魚たち』『眉山 -びざん-』の犬童一心監督だ。「タッチ」は青春漫画で、三角関係で進む「みゆき」等でも見られるラブストーリーには欠かせない典型的な大衆好みの要素がある。ただ、あだち充の書く漫画は爽やかさを忘れない。独特の間がユーモアをもたらすのと、心情描写を繊細にしている。映画ではまずこの間を表現することは出来ないが、ボクシングの試合で負けた達也(斉藤祥太)が朝倉南(長澤まさみ)にキスをしてもらうシーンも、漫画のセリフそのままに用いてくれた割には、コテコテにならず照れずに観れた。南を漫画のまま実写で演じたならどうしてもブリブリのカワイ娘ぶりっ子なる。だが、色々テレビに出演してぶりっ子を定着させた長澤まさみが演じていることで違和感が少なかった。ただ、吉田戦車「戦車映画」では意見が違っていた。原作のタッチが熱血や性等の暑苦しい要素をそよ風のごとくオブラートに包み込むことが出来ていたが、実写では生々しくなったと書いている。また、吉田氏は南が新体操をしなかったことも不満だとも言っている。単に長澤まさみのレオタードを見たかったというだけでなく、和也(斉藤慶太)の死を達也は野球に、南は新体操に打ち込んで乗り越えるべきで、野球部のマネージャーを辞めただけだと、和也の死から逃げたようになってしまうと。
タッチといえば、岩崎良美のあのアニメの歌。情熱的なあの歌が南が球場へ走って駆けつける場面で流れる。爽やか青春ドラマ『タッチ』にはこの歌が欠かせない。新田明夫を演じた福士誠治も原田正平(RIKIYA)も配役はよかったと思う。ただ、孝太郎(平塚真介)は難しかった。いっそのこと野球特訓して林家こぶ平が演じれば良かったのでは・・。若作りのメイク技術は必要だが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック