少林サッカー

少林サッカー(2001/香港)
少林足球
評価(お奨め度)★★★★
監督: チャウ・シンチー/リー・リクチー
アクション監督: チン・シウトン
製作: チャウ・シンチー/イェング・クウォクファイ
脚本: チャウ・シンチー/ツァン・カンチョン
音楽: レイモンド・ウォン
出演: チャウ・シンチー/ン・マンタ/ヴィッキー・チャオ/パトリック・ツェー/カレン・モク/セシリア・チャン/ヴィンセント・コック/ウォン・ヤッフェイ/チャン・クォックワン

『カンフーハッスル』のC.シンチー監督。製作、脚本、出演もこなしている。この間観た『カンフーハッスル』は大笑いした。本作は一度観たことのある映画だがまた観たくなった折のTV放映だった。
大袈裟な描写を深く考えずに楽しもうという映画。サッカーボールはその衝撃波でグランドを掘り進み飛んでいく。ゴールポストとキーパーをぶっ飛ばす。そんなシュートを受け止めたキーパーのグローブとユニフォームの袖が衝撃でちぎれていく。蹴ったアルミ缶(スチール缶かもしれない)は石にめり込む。“黄金の右脚”と呼ばれたサッカー選手でありながら今では雑用係も首になったファン(N.マンタ)。少林拳の使い手シン(C.シンチー)に出会う。“鋼鉄の足”シンのキック力に魅了されたファンは自分から選手の栄光を奪い陥れたハン(P.ツェー)の持つデビルチームに挑むため、少林チームを結成、育成する。少林拳を学んだ“鋼鉄の頭”“魔の手”と呼ばれるようなメンバーでサッカーとは呼べないようなプレーで敵を圧倒する。決勝戦であたる敵デビルチームは筋肉増強剤等薬物投与で対抗。少林の修行に耐え抜いた猛者たちを潰していく。代わりの選手がいなくなった時、現れるのが饅頭作りの女の子でシンの恋人ムイ(V.チャオ)だ。坊主頭で現れたムイにはあっけに取られる。彼女結構可愛いが、この他でも変わったコスチュームプレイでいっぱい楽しませてくれる。最初からむちゃくちゃな設定の作品のおかしな点をあら捜ししても仕方ない。自ら主演してCGとワイヤーアクションでやりたい放題のC.シンチー監督映画を何も深く考えず楽しむべき。
みずしな孝之は「ミズシネマ」で少林寺とサッカーそれぞれの世界からは、例えばFIFAからはそのはちゃめちゃ故に公認されないサッカーかもしれないが、少林拳法とサッカーを組み合わせた面白さを評価していた。また、松本人志「シネマ坊主2」での評価も悪くない。だが、CGでみせる世界は評価できるが笑いの点では0点だと書いていた。お笑い芸人からの厳しい採点である。とは言うものの、私はシュートした球の勢いでキーパーの服がちぎれ吹き飛ばされて裸になるというお約束のような演出でも充分笑えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック