ミニミニ大作戦

ミニミニ大作戦(2003/アメリカ)
THE ITALIAN JOB
評価(お奨め度)★★★★
監督: F・ゲイリー・グレイ
製作: ドナルド・デ・ライン
製作総指揮: ティム・ビーヴァン/ジム・ダイヤー/エリック・フェルナー/ウェンディ・ジャフェット
脚本: ドナ・パワーズ/ウェイン・パワーズ
オリジナル脚本: トロイ・ケネディ・マーティン
撮影: ウォーリー・フィスター
編集: リチャード・フランシス=ブルース/クリストファー・ラウズ
音楽: ジョン・パウエル
出演: マーク・ウォールバーグ/エドワード・ノートン/シャーリーズ・セロン/セス・グリーン/ジェイソン・ステイサム/ドナルド・サザーランド/モス・デフ/フランキー・G

卓球からの帰り、車でTVをつけてみると放送されていた。劇場鑑賞した映画で、軽快なテンポの作戦が繰り広げられる満足して映画館を出たのを覚えている。1969年『ミニミニ大作戦』のリメイク版は『交渉人』『ブルドッグ』『Be Cool/ビー・クール』のF.G.グレイ監督による。
チャーリー(M.ウォールバーグ)が犯罪スペシャリストを集めて計画した金塊強奪。だが、仲間の一人スティーブ(E.ノートン)の裏切りで金塊を持ち逃げされる。復讐のため、金塊を奪い返す計画を再び実行に移す。ミニクーパーを用いた強奪計画は、爆破のプロ・レフトイヤ(M.デフ)、コンピューター侵入のプロ・ライル(S.グリーン)、金庫破りのプロ・ステラ(C.セロン)の凄いテクニックを駆使した華麗な作戦だ。地下鉄の構内、線路を走りぬけるカーアクションはミニクーパーならではで、コンパクトな大きさで機敏に動き回ることが出来るのが売り。緊迫感はそれほどではないがテンポは抜群。ロブを演じるJ.ステイサムも加えて俳優人は豪華で見ごたえがある。チーム犯罪と言えば『オーシャンズ11』が挙げられるが、それにも負けず劣らず面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック