Sad Movie<サッド・ムービー>

Sad Movie<サッド・ムービー>(2005/韓国)
評価(お奨め度)★★★★
監督: クォン・ジョングァン
脚本: ファン・ソング
撮影: キム・ビョンソ
音楽: チョ・ドンイク
出演: チョン・ウソン/チャ・テヒョン/イム・スジョン/ヨム・ジョンア/シン・ミナ/イ・ギウ/ソン・テヨン/ヨ・ジング

『ユリョン』『私の頭の中の消しゴム』『デイジー』のJ.ウソン。『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のC.テヒョン。『ピアノを弾く大統領』『箪笥<たんす>』のイム・スジョン。『カル』『箪笥<たんす>』のヨム・ジョンア。『火山高』『甘い人生』のシン・ミナ。『ラブストーリー』のイ・ギウ。豪華キャストで悲しい4つの別れを描く愛の物語。危険な火災現場に命を賭けて向かう消防士ジヌ(J.ウソン)と恋人スジョン(イム・スジョン)はプロポーズを控えた恋人。だが、ジヌは殉職してしまう。ジヌは過去にスジョンの妹スウンを助け出した。その事が元で姉のスジョンと恋人となった。耳の聞こえないスウンが恋に落ちたのは公園で絵を描いているサンギュ(I.ギウ)に恋をする。火傷の痕を気にするスウンは着ぐるみの姿のまま思いをはぐくんでいた。仕事仲間の応援もあり素顔の似顔絵を描いてもらえたのだが、サンギュの別の人への想いを知る。定職に就かないハソク(C.テヒョン)は3年付き合っている彼女スッキョン(ソン・テヨン)から愛想をつかされかかっている。ハンクは新しい仕事、別れ話を依頼人に代わって相手に伝えにいくことを始めた。だが遂にスッキョンからハソク自身への別れ話の依頼が届く。
そのハソクは、死を迎えようとしている母(ヨム・ジョンア)との別れを悲しむ小学生フィチャン(ヨ・ジング)の母への思いを伝えに行く。それに対し、ありがとうと伝えてくれと母に頼まれる。これもある意味別れの伝言である。これら4つのストーリーはある雨の日、同時に悲しい別れを迎える。複数の話をやさしく丁寧に描いた映画である。だが、せっかくだから、4つの話をもう少しなんらかの点でつなげて欲しかった。スジョン、スウン姉妹やハンクの存在で2つづつは繋がっているのだが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック