アンフェア the movie

アンフェア the movie(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 小林義則
製作: 千草宗一郎/亀山千広/島谷能成
プロデューサー: 吉條英希/稲田秀樹
エグゼクティブプロデューサー: 臼井裕詞/市川南
企画: 谷泰三/清水賢治
原作: 秦建日子『推理小説』(河出書房新社刊)
脚本: 佐藤嗣麻子
撮影: 大石弘宜
美術: 柳川和央
編集: 穂垣順之助
音楽: 住友紀人
主題歌: 伊藤由奈『I'm Here』
挿入歌: 伊藤由奈『Reason Why』
スクリプター: 天池芳美
ビジュアルエフェクト: 泉谷修
映像: 吉川博文
照明: 花岡正光
装飾: 高島寿生
録音: 芦原邦雄
助監督: 舟橋哲男/根本和政
出演: 篠原涼子/椎名桔平/成宮寛貴/阿部サダヲ/濱田マリ/加藤ローサ/向井地美音/加藤雅也/大杉漣/寺島進/ 江口洋介

TV版の演出家・小林義則が監督。人気TVシリーズは、誰が悪なのか分からないという状況の中での展開が魅力であったのだが、今回は警察病院を乗っ取ったのは後藤(椎名桔平)であるとすぐ分かるし、警察がプールしている裏金80億円に入江次長(大杉漣)が関わっていることもすぐ分かる。警察病院に立て篭もった一味以外の共犯が誰なのかという部分は残されていたが、黒色潰疸菌によるバイオテロが実行されようとしている中、まして主人公の雪平夏見(篠原涼子)の娘・美央(向井地美音)が既に感染してしまった状況において立て篭もり部隊の制圧のみが優先され、共犯なんぞ邪魔さえされなければ、誰であろうとどうでもいいと考える。また、タイトルでもあるアンフェア。アンフェアにはアンフェアで対抗していくヒロインを描いた物語である。本作ではどちらの側からもなされることである。立て篭もり犯人自体が警察の裏金プールというアンフェアに対してアンフェアで抵抗しているわけで、むしろ犯人側が正義と言える。むしろ悪は、東京都民を人質に脅されている入江次長なのだ。共犯であった斉木(江口洋介)が抱えている正義は、SAT部隊を犠牲にし全滅させたり、看護婦・浩子(加藤ローサ)をあっさり殺してしまうという犠牲は許さなかったはずだ。アンフェアに対処するといっても超えてはならない部分を持ったキャラクターかどうかは考えて欲しい。看護婦をなんの躊躇もなく殺害しなければならない状況ではなかったはずだ。
本作の雪平はかなり人間味あるヒロインとなる。美央を守りたい一心で行動する、はずだが、黒色潰疸菌に感染し苦しんでいる美央のために血清を手に入れながら彼女の元へすぐには向かわなかった。やはりあんたは警察官だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アンフェア the movie

    Excerpt: ... 照明: 花岡正光 装飾: 高島寿生 録音: 芦原邦雄 助監督: 舟橋哲男... Weblog: 成宮寛貴の秘密 racked: 2008-04-20 16:31