監督・ばんざい!

監督・ばんざい!(2007/日本)
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: 北野武
プロデューサー: 森昌行/吉田多喜男
脚本: 北野武
撮影: 柳島克己
美術: 磯田典宏
衣裳: 岩崎文男
編集: 北野武/太田義則
音楽: 池辺晋一郎
VFXスーパーバイザー: 貞原能文
ラインプロデューサー: 小宮慎二
音響効果: 柴崎憲治
記録: 吉田久美子
照明: 高屋齋
装飾: 尾関龍生
録音: 堀内戦治
助監督: 松川嵩史
ナレーション: 伊武雅刀
出演: ビートたけし/江守徹/岸本加世子/鈴木杏/吉行和子/宝田明/藤田弓子/内田有紀/木村佳乃/松坂慶子/大杉漣/寺島進/六平直政/渡辺哲/井手らっきょ/モロ師岡/菅田俊/石橋保/蝶野正洋/天山広吉

『その男、凶暴につき』『3-4X10月』『あの夏、いちばん静かな海。』『ソナチネ』『みんな~やってるか!』『Kids Return キッズ・リターン』『HANA-BI』『菊次郎の夏』『BROTHER』『Dolls ドールズ』『座頭市』『TAKESHIS』『’素晴らしき休日』を監督したことをバックボーンに、監督キタノ・タケシ(ビートたけし)が、得意なギャング映画を封印し、他のジャンル映画にチャレンジするも失敗に終わる様をコミカルに描く。あらゆるジャンルの映画を描いてみせる、映画ファンへのプレゼントのようなもの。だが、茶化しすぎたために映画好きの私も楽しめない。ビートたけしは真面目でいることに居心地は良くないのであろう。いい事、賢い事を言ってもすぐにふざけて茶化してしまう。それは映画クリエイターの時でも同じ。『菊次郎の夏』や『座頭市』の様にその茶化す度合いがいい具合であれば、北野ワールドが評価される。だが、如何にコメディとはいえ茶化しは過ぎると良くない。下ネタでふざけ始めてからは見るに耐えなくなってしまった。キタノ監督は時々キタノ人形で描かれるが、人形として描くならずっと人形として欲しかった。
それでも気に入ったシーンを一つ。岸本加世子と鈴木杏が電車に乗っているのかと思いきや、トラックの荷台に積まれた電車のセットであることが我々に分かった際に、彼女達が「これは電車なの、トラックなの」と言うのは笑えた。予想してなかった演出であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック