犬神家の一族

犬神家の一族(2006/日本)
評価(お奨め度)★★★☆☆
監督: 市川崑
製作: 黒井和男
プロデューサー: 一瀬隆重
企画: 椿宜和/濱名一哉/北川直樹/喜多埜裕明
原作: 横溝正史『犬神家の一族』(角川文庫刊)
脚本: 市川崑/日高真也/長田紀生
撮影: 五十畑幸勇
視覚効果: 橋本満明
美術: 櫻木晶
編集: 長田千鶴子
音楽: 谷川賢作
テーマ曲: 大野雄二
監督補佐: 手塚昌明
照明: 斉藤薫
製作統括: 信国一朗/榎本和友/井上雅博
調音: 大橋鉄矢
録音: 斉藤禎一
助監督: 宮村敏正
出演: 石坂浩二/松嶋菜々子/尾上菊之助/富司純子/松坂慶子/萬田久子/葛山信吾/深田恭子/池内万作/螢雪次朗/永澤俊矢/石倉三郎/尾藤イサオ/嶋田豪/三條美紀/松本美奈子/林家木久蔵/三谷幸喜/深田恭子/奥菜恵/岸部一徳/大滝秀治/草笛光子/中村玉緒/加藤武/中村敦夫/仲代達矢

1976年の『犬神家の一族』をオリジナルとしたリメイク。『火の鳥』『細雪』『ビルマの竪琴』『竹取物語』『天河伝説殺人事件』『帰って来た木枯し紋次郎』『四十七人の刺客』『どら平太』の市川崑監督が再びメガフォンをとり自分の作品を完全リメイク。探偵・金田一耕助にはオリジナルと同じ石坂浩二を起用。市川崑監督と言えばこれまでに、横溝正史シリーズを『獄門島』『悪魔の手毬唄』『女王蜂』『病院坂の首縊りの家』『八つ墓村』と多く監督している。十人の監督により作り上げたオムニバス映画『ユメ十夜』を除けば、本作は市川崑監督の遺作となる。監督は今年(2008年)2月13日に亡くなった。TVでの追悼番組として放映された。やっと観ることが出来たのだが、おなじみの鉤状特太明朝体文字のクレジットが流れ始めると、いよいよ市川崑監督の映画が始るという期待感が膨れ上がる。そのクレジットには1976年のオリジナル版『犬神家の一族』でも同じキャラクター、金田一耕助、等々力署長(オリジナルは橘署長)、大山神官をそれぞれ演じた石坂浩二、加藤武、大滝秀治らの名前が流れる。そして金田一が登場する那須市の町並みはオリジナルと同じ場所、同じアングルで撮影されたという。様々なシーンも新しい出演者に変わっていたり、ところどころCG技術を使ったりして雰囲気は若干変えているものの、オリジナルをそのままなぞっただけとの感を抱いてしまう。監督が自作リメイクで目指したのものは何であったのだろうと考えてしまう。この物語の一番の見所は殺人事件の裏側にある犬神家にまつわる複雑な人間模様が明らかとなっていくことである。ただ、今回は犬神佐兵衛(仲代達矢)が一代で成り上がったところあたりの事実関係を解き明かしていく部分が殆どない。金田一が家計図を描くのは一回だけである。野々宮大弐と晴世夫婦の間の秘密。犬神佐兵衛の恩人である野々宮家と佐兵衛との間の知られざる秘密は実にあっさりとした説明に終わっている。その分物語のヒロイン野々宮珠世(松嶋菜々子)、犬神佐清(尾上菊之助)が呪われた悲しいカップルであることを強く表現したかったのであろう。また、一連の殺人事件の犯人である犬神松子(富司純子)も故人・佐兵衛の怨念に従ってしまったような悲運を感じさせているように思う。
金田一が宿泊する宿の女中・はるを深田恭子が演じている。深キョンが演じるはるは、彼女の演技力からやはりと言っていいような天然的性格の強いキャラクターになってしまった。金田一とはるのシーンは和みの役割を担っているのだろうが、物語の流れの中からはかなり浮いたキャラクターとなってしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック