タイムマシン

タイムマシン(2002/アメリカ)
THE TIME MACHINE
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: サイモン・ウェルズ/ゴア・ヴァービンスキー(ノンクレジット)
製作: ウォルター・F・パークス/デヴィッド・ヴァルデス
製作総指揮: アーノルド・レイボヴィット/ローリー・マクドナルド/ジョーグ・サラレグイ
原作: H・G・ウェルズ
脚本: ジョン・ローガン
撮影: ドナルド・マカルパイン
音楽: クラウス・バデルト
出演: ガイ・ピアース/ジェレミー・アイアンズ/オーランド・ジョーンズ/シエンナ・ギロリー/サマンサ・ムンバ/マーク・アディ/フィリーダ・ロウ/オメロ・ムンバ/ローラ・カーク/ヤンシー・アリアス/アラン・ヤング/フィリップ・ボスコ/ミンディ・クリスト/リチャード・セトロン

『プリンス・オブ・エジプト』のS.ウェルズ監督。本作の原作者ハーバート・ジョージ・ウェルズは曾祖父に当たるという。H.G.ウェルズ原作は『巨大生物の島』『ドクター・モローの島』『D.N.A.』『宇宙戦争』等多く映画化されている。SFの父と言える。
『マウス・ハント』『ザ・メキシカン』『ザ・リング』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』のG.ヴァービンスキー監督が体調を崩したS.ウェルズ監督に代わり臨時監督を務めたらしい。
話は1890年代のニューヨーク。教授アレクサンダー(G.ピアース)は恋人エマ(S.ギロリー)にプロポーズするも、居合わせた暴漢にエマを殺されてしまう。失意のアレクサンダーはタイムマシンを発明し、エマを死なせることが無いよう過去に戻るが、彼女は別の原因で死んでしまう。運命を変えることは出来ないと知った彼は理由を探しに未来へ旅立った。降り立った80万年後の世界は、人間が戦争という過ちを犯してしまった後の分岐した二種族による世界だった。地上で暮すエロイ族と地下の世界に適応した獰猛なモーロック族であるが、エロイ族は平和的に暮しているようであるが、モーロック族に狩られ食される運命を受け入れてしまっているのであった。アレクサンダ-は運命を変えるべく戦うのだと地下に潜り込んでいく。モーロックの親分ウーバーにJ.アイアンズを擁し、運命を変えることは出来ないこと、彼ら一人ひとりが歴史の流れによって作り出された者であることを説く。アレクサンダーの辿り着いたのはこれからの運命を変えるべく今行動するのだと言うこと。
H.G.ウェルズの原作に拘ればエロイとモーロックを描かないわけにはいかない。だが、それを描くのであれば恋人エマとの甘いロマンス風の演出は必要なかった。未来へ旅立ってからの話が浮いてしまうのだ。それに、あれだけ愛したエマとの思い出にしがみついていたのに、エロイ族のヒロイン・マーラ(S.ムンバ)へ気が移ることもあっさり進み過ぎであることが気になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック