さくらん

さくらん(2007/日本)
評価(お奨め度)★★★★
監督: 蜷川実花
チーフプロデューサー: 豊島雅郎
製作: 寺嶋博礼/堤静夫/亀山慶二/工富保/山本良生/庄司明弘/那須野哲弥/中村邦彦/渡辺正純
プロデューサー: 宇田充/藤田義則
エグゼクティブプロデューサー: 椎名保/山崎浩一/早河洋/五十嵐隆夫/水野文英/伏谷博之/廣瀬敏雄/石川治/石井晃
原作: 安野モヨコ『さくらん』(講談社刊)
脚本: タナダユキ
撮影: 石坂拓郎
視覚効果: 橋本満明
美術: 岩城南海子
編集: 森下博昭
音楽: 椎名林檎
音楽スーパーバイザー: 安井輝
スクリプター: 小泉篤美
スタイリスト: 伊賀大介/杉山優子
音響効果: 小島彩
照明: 熊谷秀夫
装飾: 相田敏春
録音: 松本昇和
助監督: 山本透
出演: 土屋アンナ/椎名桔平/成宮寛貴/木村佳乃/菅野美穂/永瀬正敏/美波/山本浩司/遠藤憲一/小池彩夢/山口愛/小泉今日子/石橋蓮司/夏木マリ/市川左團次/安藤政信/蜷川みほ/近野成美/星野晶子/翁華栄/津田寛治/長塚圭史/SABU/丸山智己/小栗旬/会田誠/庵野秀明/忌野清志郎/大森南朋/ゴリ(ガレッジセール)/古厩智之/村松利史/渋川清彦

監督は写真家の蜷川実花だという。色使いの特徴のある写真家ということであるが、安野モヨコ原作の江戸吉原の世界を鮮やかな色で描いていることにまず評価できる。特に赤が鮮やかで目を見張るような勢いがある。赤い金魚が劇中よく表れる。主人公の幼ききよ葉(小池彩夢)が女衒に連れられ吉原にやって来た時に、人気の花魁・粧ひ(菅野美穂)が金魚を遊女に例えて「金魚は外に放つとフナになる。」と言うくだりがある。彼女たちは吉原でこそ華やかに生きていけるのだと・・。そんな金魚の大きな水槽が設置された吉原の表門こと大門はなかなか面白いデザインである。吉原は今で言う風俗街であるが、江戸文化に通じる人間が屯するサロンのような意味合いも持ち合わせていた。それだけに遊女にも格付けがあるし、遊びに来る男達にも遊び方というかそれなりの作法のようなものが存在したと言う。きよ葉(土屋アンナ)は美貌の上、鼻っ柱が強いことが人気となり、遂には花魁・日暮にまで上り詰める。そして遊女の憧れ、夢である身請けも現実のものとなる。だが、日暮は妊娠していた。誰の子であるか分からぬお腹の子なれどおろすことを拒否する日暮を倉之助(椎名桔平)はそれでもかまわないと言ってくれた男だった。なのに日暮は身請けの道を選ばず、自らの意思で店番・清次(安藤政信)と共に吉原を後にする。
日暮を描くことで作り手が言いたかったことは吉原においても男に左右されず、自らの意思で吉原を抜け出ていく女の生き方であったのだろう。監督、原作以外にも脚本(タナダユキ)、音楽(椎名林檎)と女性が連なる本作は女性のパワーがテーマとなっているのだ。そんな女性の気持ちが託された、これまでの女性の悲しみのみが描かれてきた吉原とは違う観点で描かれた華やかな映画であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック