SPY_N

SPY_N(2000香港/アメリカ)
雷霆戦警
評価(お奨め度)★★☆☆☆
監督: スタンリー・トン
製作: アンドレ・E・モーガン/スタンリー・トン/バービー・タン
脚本: スタンリー・トン/スチュアート・ホイットニー
撮影: ジェフリー・C・ミガット
音楽: ネイサン・ワン
出演: アーロン・クォック/藤原紀香/ワン・リーホン/クーリオ/マーク・ダカスコス/ルビー・リン

藤原紀香が日本から上海へやって来た女スパイNORIKAを演じるのだが、一般に女スパイに求められるキャッツアイやボンドガールのようなセクシーさは持っていて適任だと思う。露出度の高いドレスや水着を惜しげもなく着まくっていた。犯罪組織のボス・Mr.マーの甥・トニーと麻薬取引相手のクーリオ(クーリオ)が本作の悪役であるが、この二人の前では水着すら脱ぎ捨てるサービス。このサ-ビスだけは観る者は恩恵に授かれないが、目の保養良く頑張っていたと思う。あと芝居が上手くなればいい。
吊り下げられたガラス板の上でのNORIKAと刑事アレックス(W.リーホン)とクーリオのアクションが見せ場であろう。シーソーのようになることが落ちそうになったり、這い上がれたりする。最後は車が落下しガラスを割ってクーリオを落として終わり。ストーリーには大したところなし。
監督は『ポリス・ストーリー3』『レッド・ブロンクス』『ファイナル・プロジェクト』のS.トン。トニーを演じたのは『D.N.A.』『ジェヴォーダンの獣』『ブラック・ダイヤモンド』のM.ダカスコス。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック