ハムナプトラ/失われた砂漠の都

ハムナプトラ/失われた砂漠の都(1999/アメリカ)
THE MUMMY
評価(お奨め度)★★★★
監督: スティーヴン・ソマーズ
製作: パトリシア・カー/ショーン・ダニエル/ジェームズ・ジャックス
脚本: スティーヴン・ソマーズ
撮影: エイドリアン・ビドル
視覚効果スーパーバイザー: ジョン・アンドリュー・バートン・J
音楽: ジェリー・ゴールドスミス
タイトルデザイン: カイル・クーパー
出演: ブレンダン・フレイザー/レイチェル・ワイズ/アーノルド・ヴォスルー/ジョン・ハナー/パトリシア・ヴェラスケス/オデッド・フェール/エリック・アヴァリ/ジョナサン・ハイド/コーリイ・ジョンソン/ケヴィン・J・オコナー/オミッド・ジャリリ/スティーヴン・ダンハム

『ジャングル・ブック』『ザ・グリード』『ヴァン・ヘルシング』のS.ソマーズ監督による考古学アドベンチャー。『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』のインディ・ジョーンズシリーズのようなもの。この後、S.ソマーズの監督により『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』が、同じく彼の製作で『スコーピオン・キング』が映画化されている。『スコーピオン・キング』はハムナプトラシリーズからのスピン・オフ映画である。主要キャラクターを演じたB.フレイザー、R.ワイズ、A.ヴォスルー、J.ハナー、P.ヴェラスケス、O.フェールらは『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』にも出演している。
3000年前のエジプトで高僧イムホテップ(A.ヴォスルー)は王の愛人アナクスナムン(P.ヴェラスケス)に手を出し、見つかってしまう。愛するアナクスナムンを死なせてしまったイムホテップは彼女を生き返らせる儀式を死者の都ハムナプトラで行おうとするが、捕らえられる。そして生きたまま棺の中に入れられ永遠に生き続けさせられる究極の極刑を受ける。一方、1923年の世界。冒険家リック・オコンネル(B.フレイザー)と古文書研究好きの図書館司書エヴリン(R.ワイズ)と彼女の兄でお調子者ジョナサン(J.ハナー)はサハラ砂漠の伝説の都ハムナプトラに眠る財宝を探しに向かう。遂にたどり着いたハムナプトラの墓から“アムン・ラーの書"を発掘。エヴリンがうっかりと呪文を声を出して読んでイムホテップをこの世に解き放つ。次第に力を持っていくイムホテップはエヴリンを生贄にアナクシナムンを甦らせようとする。そこからがいよいよアーデス(O.フェール)率いる災いを起こさないためにハムラプトラを守っていた集団が加わったリック達とミイラの対決。CGによるミイラとの戦いは迫力があった。また、イムホテップがミイラから次第に復活していく様が良く出来ていた。最後は不死身の力を失ってしまった瞬間にリックに止めを刺され、ターミネーターのように沈んでいった。冒険チーム3人のキャラクターがそれぞれ面白くいい感じで問題を生みながらテンポよく進んでいく冒険映画。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック